« 【映画】『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を見た | トップページ | 【映画】『アローン・イン・ザ・ダーク』を見た »

2012年6月 3日 (日)

【書籍】『法王の身代金』読破

 「ジョン・クリアリー」著、想定外・手違いの連続により意図しない方向へ転がる"男達"を描いた【サスペンス】小説です。

 「ヴァチカン」の宝物を盗む計画を立てた男達が、予期しない早期の決行、失敗、そして、なんと居合わせてしまった「法王」を誘拐してしまうという展開となっています。
盗品売買で大金を得る代わりに身代金にて、その金を手にしようと画策する犯人達でしたが、そこにイレギュラーな人物が絡んできて、事件は"カオス"状態へ。
果たして、事件はどんな顛末を迎えるのか、展開と結末に興味を惹かせ、読む進ませる作品となっています。
出来の良い【サスペンス】モノを読んでいたり、見ていれば、展開&結末共に新鮮味は感じません。
(当時[1970年代]や、色々な作品に触れていない初期にて本作に出遭えば、感想は異なると思いますが。)

 それでも"最後まで読ませた"のは、著者の筆力のなせる技なのでしょう。
昔懐かしの字がびっちり詰まった文庫本で、もっと読み終わるのに時間がかかるかなと思っていたら、「次を、次を」と意外に早く読み終わりました。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を見た | トップページ | 【映画】『アローン・イン・ザ・ダーク』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『法王の身代金』読破:

« 【映画】『世界侵略:ロサンゼルス決戦』を見た | トップページ | 【映画】『アローン・イン・ザ・ダーク』を見た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ