« 【映画】『バタリアン』再見 | トップページ | 【書籍】『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』再読 »

2012年6月17日 (日)

【書籍】『葉桜の季節に君を想うということ』再読

 「歌野晶午(うたの・しょうご)」著、"異色"の【ハードボイルド】作品です。

~過去・現在・登場人物達の回想が絶妙に絡みあう内容となっています。~

 タイトルが記憶にある事から、昔に一度、読んでいる事は間違いないのですが、記憶違いだったのだろうか。

~こんな衝撃的な真相を忘れるわけがないので。~

 でも、読んだ時期/タイミングにも依存するかな、今は色々な伏線が読み取れて、「成る程、小説という媒体をうまく使っているな」と感じましたが、初読時には「なんじゃ、そりゃ」と思った可能性もある・・・・・。
やはり、年月の経過が感想に影響を与えているのかな、本作は特に──。

~~~
 「蓬莱倶楽部」という悪質な霊感商法を行っている会社の調査する事になった元探偵。
そんな中、元探偵は自殺しようとしていた一人の女性と出遭う。

 元探偵の生涯二度目の"本気の恋"、そして殺しも厭わない「蓬莱倶楽部」との対決の行方は・・・・・・。
~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『バタリアン』再見 | トップページ | 【書籍】『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』再読 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『葉桜の季節に君を想うということ』再読:

« 【映画】『バタリアン』再見 | トップページ | 【書籍】『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』再読 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ