« 【書籍】『恋物語』読破 | トップページ | 【書籍】『少女不十分』読破 »

2012年6月22日 (金)

【映画】『日輪の遺産』を見た

 「堺雅人(さかい・まさと)」主演、第二次世界大戦末期の悲劇を描いた【ヒューマン・ドラマ】です。
「泣かせる」作品だなぁと思っていたら、「浅田次郎」さん原作か──納得です。

 「堺雅人」さん、良く見るようになったなぁ、あんな穏和な顔にて、役柄が限定されるかと思いきや、色々と意外な面を見せてくれる俳優さんです。
本作は他に「中村獅童」さんも出演しており、有名どころを揃えておりますが、あくまで本作の主役は「20名の少女達」です。

~もう少し、少女達にインパクトのある役者さんが揃っていればなぁ・・・・・・。~

 原作は一体、誰の視点で描かれているのだろう。
「八千草薫」さんが演じた女性の視点で描かれているとしたら、映像化された本作は"その視点"が弱すぎるとの感想です。

 映画化(劇場 or DVDレンタル)ではなく、テレビドラマとして見たのであれば、十分納得の行く作品だったのですが・・・・・・。

~~~
 戦争終結間近に三人の兵士に下された密命。
戦争後を見越して、財宝を隠す・・・・・・その為に動員された先生と女生徒達。

やがて、皆を襲う悲劇とは──。
~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『恋物語』読破 | トップページ | 【書籍】『少女不十分』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『日輪の遺産』を見た:

« 【書籍】『恋物語』読破 | トップページ | 【書籍】『少女不十分』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ