« 【アニメ】『よなよなペンギン』を見た | トップページ | 【アニメ】『劇場版 戦国BASARA-The Last Party-』を見た »

2012年5月 4日 (金)

【映画】『ハンニバル・ライジング』を見た

 「トマス・ハリス」原作、天才&殺人鬼『ハンニバル・レクター』のルーツを描いた【サスペンス】映画です。

 公開時はCMにて何やら「バイオレンス」部分を強調していましたが、いざ、視聴してみると、言葉は適切ではありませんが、「綺麗にまとめられている」作品となっています。
私的には、あのCMでの煽りは逆効果だったのではないかと思います。
そのせいで、今まで見る機会を伸ばしていたので。

 「トマス・ハリス」の『ハンニバル・レクター』シリーズの原作小説は、『レッド・ドラゴン』しか読んでいませんが、その面白さに安定感があります。
著者の魅力にて、やっと今作を視聴しました。

 「レクター」の原動力となる妹「ミーシャ」に訪れた残酷な最後。
叔母「ムラサキ」との出遭いによる数々の習得。
怪物「レクター」誕生の瞬間・・・・・・などなど。

 今までのシリーズ作品のような(老練さの)力強さ(※)はありませんが、タイトルに恥じない作品でした。
※代わりに若さの力強さ、無鉄砲さはありました。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『よなよなペンギン』を見た | トップページ | 【アニメ】『劇場版 戦国BASARA-The Last Party-』を見た »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『ハンニバル・ライジング』を見た:

« 【アニメ】『よなよなペンギン』を見た | トップページ | 【アニメ】『劇場版 戦国BASARA-The Last Party-』を見た »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク