« 【書籍】『バチカン奇跡調査官 TRUTH2 サタンの裁き』読破 | トップページ | 【書籍】『大人も知らない税金事件簿 会計探偵クラブ』読破 »

2012年5月11日 (金)

【書籍】『小説探偵(ノベル・アイ)GEDO』読破

 「桐生祐狩(きりゅう・ゆかり)」著、小説の中に入り込む能力を持つ男、「三神外道、通称げど」の事件簿──【バイオレンス】小説です。

 "えぐい"描写ばかりが目立ち、タイトルから期待した謎解きもない・・・・・・。
読み始めた1~2話では、描写と特異な小説を扱うだけで、あれれ、失敗したかなと思っていたのですが、所々に面白い回もあり、読み終わった後には"続き"が読みたい──という感想に着地しました。
「小説の中に入り込む能力」、逆もあるのですが、残念ながら、その設定/能力は、あまり活かされていなかったと思います。
ただ、癖のある登場人物達が、じわじわ癖になります。(小説、「げど」の空想の登場人物よりは、現実世界の人物達の方が。)

○「千駄ヶ谷神宮」著、『黄金の船』 
 サスペンス小説。
作中、誘拐されて生死が不明なまま描かれている息子の行方を捜して欲しいと。

○「妹尾みずほ」著、『妖蛾異人伝』
 冒険小説?、またまた作中の人物に絡まれて宝探しを。

○「ポール・ニューカーソン」著、『青き追憶の森』
 ハードボイルド、サスペンス小説?。
小説にて死刑となる男の脱走計画を実行する破目に。

○「陸谷辰郎」著、『タイトロープな男達』
 ハードボイルド小説。
間違えて誘拐された男を救い出す為、殺し屋、抗争渦巻く小説内へ。

○「赤井茂太郎」著、『百合秘紋』
 時代伝奇小説。
幻の妖刀「百合滴」の後継者は「げど」!?。

○「忍冬(すいかずら)麻希」著、『チェンジングヘッド』
 ホラー小説。
 首のみ残す猟奇殺人事件が多発!!。
事件のただ中、「げど」が出遭った女性は・・・・・・。

○「風の騎士団所属秘文字解説委員会」著、『ソード・オブ・ウインド』
 ファンタジー小説。
小説の中に入り込んでしまった知り合いの女性と子供達を追って、ファンタジー世界へ。
「けど」に向けられた悪意とは・・・・・・。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『バチカン奇跡調査官 TRUTH2 サタンの裁き』読破 | トップページ | 【書籍】『大人も知らない税金事件簿 会計探偵クラブ』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『小説探偵(ノベル・アイ)GEDO』読破:

« 【書籍】『バチカン奇跡調査官 TRUTH2 サタンの裁き』読破 | トップページ | 【書籍】『大人も知らない税金事件簿 会計探偵クラブ』読破 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ