« 【書籍】『届けられた6枚の写真』読破 | トップページ | 【書籍】『メルカトルかく語りき』読破 »

2012年4月 8日 (日)

【書籍】『アウトローのO』読破

 「スー・グラフトン」著、私立探偵「キンジー・ミルホーン」、過去最大の"借り"返し──【推理小説】です。

あとがきのミステリ書評家さんが、シリーズ1、2の作品であると太鼓判を押したのに納得・・・・・・「キンジー」、そして、著者らしさが光る作品です。
(ただ、個人的な好みを言えば、もう少し元夫のアパート家主である老姉妹とのやり取り続けて欲しかったかな。)

 なんと本作では「キンジー」の最初の結婚相手、元警官の「ミッキー」に関係した事件の捜査となります。
しかも、離婚の原因となった過去の事件!!、「キンジー」を知る上で、嫌がおうにも気になる事件です。

~~~
 滞納などにより保管期限切れを起こした保管庫の中身を競売で競り落とし、あわよくば関係者へ売って儲けを得ている男からの電話。
なんと「キンジー」の昔の通信簿、写真などの懐かしい品々を購入しないかと。
出所は喧嘩別れした元夫「ミッキー」である事が分かり、あの几帳面な「ミッキー」が・・・と届けられなかった過去の事件に関連した手紙も影響し、居場所の調査を開始した「キンジー」。

 「キンジー」を待っていたのは現在&過去に絡んだ事件の隠された真相だった!!。
~~~

 追いついてしまったなぁ、しばらく本シリーズは最新作までお預けです。

さて、最後にシリーズ感想(過去記事)へのリンクを──

『アリバイのA』
『泥棒のB』
『死体のC』
『騙しのD』
『証拠のE』
『逃亡者のF』
『探偵のG』
『殺人のH』
『無実のI』
『裁きのJ』
『殺害者のK』
『無法のL』
『悪意のM』
『縛り首のN』
『アウトローのO』
『危険のP』
『獲物のQ』
『ロマンスのR』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『届けられた6枚の写真』読破 | トップページ | 【書籍】『メルカトルかく語りき』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『アウトローのO』読破:

« 【書籍】『届けられた6枚の写真』読破 | トップページ | 【書籍】『メルカトルかく語りき』読破 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ