« 【書籍】『モップの精と二匹のアルマジロ』読破 | トップページ | 【書籍】『死神を葬れ』読破 »

2012年1月29日 (日)

【書籍】『警視庁幽霊係の災難』読破

 「天野頌子(あまの・しょうこ)」著、"お宮"入り直前の事件解決の救世主達──「特殊捜査室」の面々が活躍する【推理小説】、今回は長編です。
主人公(!?)である事件被害者の霊が見える&話せる「柏木雅彦(かしわぎ・まさひこ)」警部補とそれぞれ違った霊能力&癖があるメンバの掛け合い&捜査が楽しいシリーズ。

 やっぱり、長編となると厳しいのか・・・・・・。
特に今回は、「柏木雅彦」がコンビニ強盗の人質となり、動けない状態となるので。

 本シリーズ、読んでいた中で長編であった回(巻)も存在したのですが、"そちら"は本シリーズ読み込み継続を決意させる一冊となった出来でした。
本作については、前述の"柏木・人質状態"など、「意外性」のある展開を狙ったせいか、本シリーズの面白さを伝えるには不十分・・・・・・と感じました。

 巻末を見てみたら、前回読んだシリーズ作品から、2冊も間が抜けていました。
読んでいて、知らないメンバは本作から新規登場なのか、女性編集者の「七尾」のみだったので、全く間が抜けていることに気づかなかった。
(なにやら最後の最後、敵対する人物!?に"怪しい"動きが──という点が、「ん?、誰だっけ」と思ったのみ。)

 シリーズ"マンネリ化"回避の一作だったかも知れませんが、私にとっては間が抜けていた分、

「あれれ、本シリーズに期待していた/楽しみだった点が少なかった」

といった感想を持つ作品となりました。

 さて、最後にシリーズ感想(過去記事)へのリンクを──。

『警視庁幽霊係』 
『警視庁幽霊係 恋する死体』 
『警視庁幽霊係 少女漫画家が猫を飼う理由』
警視庁幽霊係 紳士のためのエステ入門
警視庁幽霊係と人形の呪い
(本書)

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『モップの精と二匹のアルマジロ』読破 | トップページ | 【書籍】『死神を葬れ』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『警視庁幽霊係の災難』読破:

« 【書籍】『モップの精と二匹のアルマジロ』読破 | トップページ | 【書籍】『死神を葬れ』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ