« 【書籍】『千里眼 美由紀の正体 上・下』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】10月29日(土)~10月30日(日)雑記 »

2012年1月 3日 (火)

【書籍】『貴族探偵』読破

 「麻耶雄嵩(まや・ゆたか)」著、短編・中編を織り交ぜた【推理小説】です。
タイトルが目を惹きますが、実際に読んでみると・・・・・・タイトル負けかな。
「貴族探偵」は何もせず、執事・メイド・運転手が調査・真相に達する点は、(未読および未視聴ですが)ドラマ化までされた"あちら"で知れ渡り過ぎ。
でも、著者の事だから、最後の最後に何か仕掛けがあるのでは──と思って読み進めましたが、結局最後の事件まで"変化のない"ノリで少々、残念でした。

 タイトルの設定は上記の通り、"いまいち"でしたが、各話のトリックについては、流石、著者、どれも楽しめました。
色々な系統のトリックが盛り込んであり、飽きさせません。
ただ、(私のコンディションの問題かもしれませんが、)同程度の長さの話で、まとめて欲しかったです。
長短の差があり過ぎて、ちょっと読みづらい印象を受けました。

 収録されている話は以下の通りです。

○「ウィーンの森の物語」
 自殺に見せかける為、糸での密室作成・・・・・・しかし、犯人はしくじり、現場に糸が残る事に。
別荘に泊まっていた誰でも犯人の可能性がある中、犯人の決め手は如何に!!。

○「トリッチ・トラッチ・ポルカ」
 頭と腕のない全裸の死体。
脅迫者であった被害者、容疑者は直ぐ捕まるも、アリバイあり。
ベテラン&新人刑事が事件関係場所および現場を辿っていくと・・・・・・えっ、メイド!?。

○「こうもり」
 鍾乳洞で焚いた護摩をかぶると恋愛成就!?──「蝶陣祭(ちょうじんさい)」の最中に発見された女性の死体。
しかし、女性の関係者達には全てアリバイが・・・・・・。

○「加速度円舞曲」
 突然、落ちてきた大石により事故で立ち往生してしまった女性。
通りかかった黒塗りリムジンの助けられ、文句を言おうと石があった家へ向った面々。
そこで、遭遇したのは──。

○「春の声」
 3人の集められた求婚者達。
やがて、3人共に死体で発見され、それぞれを殺害したと思われる凶器には・・・・・・。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『千里眼 美由紀の正体 上・下』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】10月29日(土)~10月30日(日)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『貴族探偵』読破:

« 【書籍】『千里眼 美由紀の正体 上・下』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】10月29日(土)~10月30日(日)雑記 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ