« 【書籍】『縛り首のN』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】10月9日(日)~10月11日(火)雑記 »

2011年12月18日 (日)

【映画】『ザ・ファイター』を見た

 「マーク・ウォールバーグ」&「クリスチャン・ベール」で贈る、感動の実話、【ヒューマン(&スポーツ)・ドラマ】です。
『英国王のスピーチ』の影響もあり、「賞を取った」&「実話」となると昔のように"肩を張る"作品ばかりでない事が浸透してきました。
本作も、肩の力を抜いて、時には笑いながら、楽しめる作品となっています。

見る前は、「クリスチャン・ベール」が本作の為に「歯を抜いて、減量した」という話を耳にしていたので、最後は感動させるも"相当、暗い面"がある作品かなと身構えていました。
実在の"ローウェルの誇りさん"(+家族)の人柄が影響しているのでしょう、結構、"明るい"作品で吃驚しました。(最後に出てきたインタビューの人は、"本物"だよね!?。)
そのギャップと期待通りにボクシング部分では熱く、そしてホロリとさせる内容に脱帽です。

~~~
 かつて王者「シュガー・レイ」と好戦し、"ローウェルの誇り"となった兄「ディッキー」。
しかし、今は過去の栄光に縋り、その体は薬にてボロボロに。
そんな兄と兄を溺愛する母親がセコンド・サポートにつく弟「ミッキー」は、現役ボクサーであるも、現在3連敗中。
1人の女性と出遭い、加えてとある事件発生により、「ミッキー」は家族を離れる事に。

 兄弟、家族の絆、そして「ミッキー」の世界戦への挑戦は如何に──。(ヘッドボディ、ヘッドボディ・・・・・・)
~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『縛り首のN』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】10月9日(日)~10月11日(火)雑記 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『ザ・ファイター』を見た:

« 【書籍】『縛り首のN』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】10月9日(日)~10月11日(火)雑記 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ