« 【書籍】『万能鑑定士Qの事件簿Ⅹ』読破 | トップページ | 【書籍】『杉の柩』再読 »

2011年11月20日 (日)

【書籍】『万能鑑定士Qの事件簿XI』読破

 「松岡圭祐(まつおか・けいすけ)」著、店名「万能鑑定士Q」を営む「凛田莉子(りんだ・りこ)」の活躍を描いた【エンターテイメント】小説です。

 今回は、なんと"兄弟子"と対決です。
本作は生活・数学など役に立つ知識・「成る程~」の知識が、ふんだんに詰め込まれた作品となっています。
でも、なんといっても本作の"読み所"は「莉子」と記者「小笠原悠斗(おがさわら・ゆうと)」の関係の進展でしょうか。
今まで微妙な前進ばかり繰り返していたのですが、ここにきて"ライバル"(!?)登場により、(内面的に)一気に進んだ・・・・・・のかなぁ。

 さて今回は、内閣の閣僚人事をほぼピタリと当てる不思議な箱──を持つお寺の話。
その箱とマスコミ取材の影響で京都で無名から、一躍、人気のお寺となった「音隠寺(おんいんじ)」。
その住職は、なんとかつては東京で飲食店を成功させた美貌の青年「水無施瞬(みなせ・しゅん)」。
飲食店経営者が一体どうやって、実家のお寺を成功させたのか・・・・・・。
 別件の取材の帰りに寄った京都で「莉子」と「小笠原」が事件に関わる事になります。

 宝探し、そして暗号と来て、一風変えた展開で大丈夫かと思ったのですが、「大丈夫」です。

 さて、最後に本シリーズの感想(過去記事)へのリンクを──

『万能鑑定士Qの事件簿Ⅰ』
『万能鑑定士Qの事件簿Ⅱ』
『万能鑑定士Qの事件簿Ⅲ』
『万能鑑定士Qの事件簿Ⅳ』
『万能鑑定士Qの事件簿Ⅴ』
『万能鑑定士Qの事件簿Ⅵ』
『万能鑑定士Qの事件簿Ⅶ』
『万能鑑定士Qの事件簿Ⅷ』
『万能鑑定士Qの事件簿Ⅸ』
『万能鑑定士Qの事件簿Ⅹ』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『万能鑑定士Qの事件簿Ⅹ』読破 | トップページ | 【書籍】『杉の柩』再読 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『万能鑑定士Qの事件簿XI』読破:

« 【書籍】『万能鑑定士Qの事件簿Ⅹ』読破 | トップページ | 【書籍】『杉の柩』再読 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク