« 【映画】『英国王のスピーチ』を見た | トップページ | 【書籍】『無法のL』読破 »

2011年10月 8日 (土)

【書籍】『千里眼 堕天使のメモリー』読破

 「松岡圭祐(まつおか・けいすけ)」著、臨床心理士「岬美由紀」が活躍する【サスペンス(&豆知識・雑学)】作品です。(うーん、【エンターテイメント】とでも最近は言うのかな。)
本作では『千里眼の水晶体』で、"その後"が気になっていた"彼女"がカムバックです。

~てっきり、ライバル/強敵となって登場するかと思っていたのですが、拍子抜けです。~

世界/歴史を裏で操っていると豪語する組織「メフィスト」による"日本危機"展開はあるのですが、本編の主軸である"彼女"が奮わなかったので、いつもと違い《外伝/番外編》といった印象を受けました。
詰め込まれた雑学も、アニメ、ライトノベルといつも系統が異なっていた事も影響してかな。
(後者により「分かった者」である私には、その点では楽しめたけど。)

 さて、最後のシリーズ作品の感想(過去記事)へのリンクを──。
(私はシリーズ後半の二作品を先に読んでしまっている為、順序良く読みたい人はご注意を。)

『千里眼 The Start』
『千里眼 ファントム・クォーター』
『千里眼の水晶体』
『千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮』
『千里眼の教室』
本書
『千里眼 優しい悪魔 上・下』
『千里眼 キネシクス・アイ 上・下』

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『英国王のスピーチ』を見た | トップページ | 【書籍】『無法のL』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『千里眼 堕天使のメモリー』読破:

« 【映画】『英国王のスピーチ』を見た | トップページ | 【書籍】『無法のL』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ