« 【映画】『ザ・キング・オブ・ファイターズ』を見た | トップページ | 【映画】『TEKKEN-鉄拳-』を見た »

2011年10月15日 (土)

【映画】『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』を見た

 「クリスティン・クルック」主演、『ストリートファイターⅣ』にて勢いを盛り返してきてくれた【格闘ゲームの実写化】作品です。
とは言っても、登場キャラの一人「春麗」に焦点を当てた作品となっており、「ヴァンダム」主演の過去の実写化とは異なり、より"現実"に近づけた内容となっています。
("気功拳"以外は・・・・・・。)

 見た感想は──

~ストーリーが納得いきません。何故、原作の設定を改変するのかなぁ。~

 『父親の仇である悪の組織「シャドルー」、「ベガ」を刑事となって追う。』では、何故、いけないのか。
実写化に無理のない設定では・・・・・・何故に「オリジナルストーリー」なんてものを持ってきてしまったのだろう。

 お金持ちのお嬢様、将来はピアニスト・・・・・・なんじゃ、そりゃ。
幼い頃、父親が「ベガ」に連れ去られてしまい、成長&母の死を受けて、「父親を探す」旅へ──『母をたずねて三千里』ではなく、『父をたずねて・・・』展開。

 まあ、ここまでは良いとしましょう、けど"あの父娘の再会"はないだろう。
怒りの"気功拳"発動に必要だったのか・・・・・・
『母をたずねて三千里』で「マルコ」が母親にやっとの思い出再会した時、病気で寝込んでいた母親が出遭った途端に"○っ○り"となったら──と考えたら、あの展開はないと思う。
原作の設定を変えて、尚且つゲームに"繋げよう"とした結果の弊害としか思えません。

 格闘部分については色々な技術がこなれてきたのか、"スピニングバードキック"の再現など楽しめましたが、ストーリー面では全くもって「NG」だった作品でした。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『ザ・キング・オブ・ファイターズ』を見た | トップページ | 【映画】『TEKKEN-鉄拳-』を見た »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【映画】『ザ・キング・オブ・ファイターズ』を見た | トップページ | 【映画】『TEKKEN-鉄拳-』を見た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ