« 【書籍】『クリプトマスクの擬死工作』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】9月10日(土)~9月13日(火)雑記 »

2011年10月 9日 (日)

【書籍】『夜中に犬に起こった奇妙な事件』読破

 「マーク・ハッドン」著、自閉症の少年「クリストファー」が事件捜査&大冒険を行う【推理小説】、いや【冒険譚】です。
全て「クリストファー」視点で描かれる本作、"彼ら"がどのように見ているのか、考えているのかが良く伝わってくる作品です。
「クリストファー」が整理、冷静となる為に考える「パズル」が所々に散りばめられており、いいアクセント。
(文字が少なく、図も沢山で、ちょっとした時間で読み終える事ができます。)

 隣人の犬殺害犯を探すのですが、その謎というより、その捜査過程で知った家族の謎、そして冒険譚がメインです。
ちょっと苦い真相と後味を残す作品ですが、そこがまた共感と理解を呼ぶのではないでしょうか。

 長いタイトルと「全世界一千万部」という謳い文句に釣られて読んだ作品です。
まあ、期待した通りといった所でしょうか。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『クリプトマスクの擬死工作』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】9月10日(土)~9月13日(火)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『夜中に犬に起こった奇妙な事件』読破:

« 【書籍】『クリプトマスクの擬死工作』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】9月10日(土)~9月13日(火)雑記 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク