« 【書籍】『黄色いアイリス』再読 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月5日(金)~8月8日(月)雑記 »

2011年9月 4日 (日)

【書籍】『月明かりの闇 フェル博士最後の事件』読破

 「ジョン・ディクスン・カー」著、巨体探偵「フェル博士」が活躍する【推理小説】です。
いつもの長編より本の厚みが少し"増"にて、最後ならではの大事件か、最後ならではの何かしら「フェル博士」にまつわるおまけエピソードがあるのかと期待したのですが……。

~読んだ本の順番も影響していますが、色々な意味で裏切られた作品だなぁ。~

 一番、致命的だったのは(作品名は伏せますが)、つい先日読んだ著者の作品と動機に関連するキーポイントとなる謎が"被る"こと。
最後の最後に同じ手を使わなくても……残念です。
 物理トリックのミスリードは良いのですが、あからさま過ぎる……。
あとフェアを規すなら、事件現場である屋敷の見取り図を入れて欲しかったなぁ、図がない口頭の説明だけでは伝わりにくい回答だけに。
まあ、見取り図がなかったから、ミスリード用のトリックがある程度、有効になったのかも知れないけど。

 加えて、余計な"大騒ぎ"、余計な"勿体ぶり"が多くて(、テンポ悪し)……あまり意味のない本の厚み"増"。

 通常の一作ならある程度、満足ですが「フェル博士最後の事件」の文言を見ると……最後を飾るには不十分な作品だったとの感想です。
(背面のあらすじも事件の舞台に関する記述が間違っているような……。)

~~~
 足跡のなき不可能殺人発生!?。
上記事件の謎と「フェル博士」のワトソン役である「アラン・グランサム」の恋愛模様に注視です!!。
~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『黄色いアイリス』再読 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月5日(金)~8月8日(月)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『月明かりの闇 フェル博士最後の事件』読破:

« 【書籍】『黄色いアイリス』再読 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月5日(金)~8月8日(月)雑記 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

リンク