« 【書籍】『警視庁幽霊係 恋する死体』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月28日(日)~9月2日(金)雑記 »

2011年9月25日 (日)

【書籍】『そして誰もいなくなった』再読

 「アガサ・クリスティー」著、いわずと知れた著者の代表作の一つ、【推理小説】です。
嵐により孤立した島で発生する連続殺人、古い童謡通りの見立て殺人、殺害され減っていく十人・その中の一人が犯人・・・・・・うーん、【推理小説】好きには堪らない設定が詰まっている作品です。
初読の幼い時は、「名探偵が登場しない事」、「著者の作品としては珍しい結末/後味」にて衝撃を受けつつも、素直に「好きな作品」の一つに数えられなかった本作。
その後、歳と再読を重ねるにつれて、その面白さを再認識、やはり「結末/後味」から私の中では「好きな作品」に入ったり、入らなかったりと変動を続けている一作です。

 新訳を読んでいるのですが、色々と配慮されて童謡の歌詞は変更がかかっている模様・・・・・・でも、表紙の絵が"そのまま"なのは片手落ちでは。

~~~
 孤島「兵隊島」に集められた年齢、職種も様々な男女十人。
招待主が不在のまま進められた夕食の席にて、不気味な声が響き渡る!!。

─十人が犯したとされる発覚されなかった"殺人"を告発する内容─

 その後、一人が飲み物を飲んだ後、突然、倒れる・・・・・・。
招待主の目的は「皆殺し」!?、果たして全員の運命は──。
~~~

 さて、最後に著者の作品リスト一覧(過去記事)へのリンクを──。

『アガサ・クリスティー百科事典』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『警視庁幽霊係 恋する死体』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月28日(日)~9月2日(金)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『そして誰もいなくなった』再読:

« 【書籍】『警視庁幽霊係 恋する死体』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月28日(日)~9月2日(金)雑記 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク