« 【書籍】『新・新本格もどき』読破 | トップページ | 【書籍】『殺害者のK』読破 »

2011年8月21日 (日)

【書籍】『ターミナル・エクスペリメント』読破

 「ロバート・J・ソウヤー」著、「ネビュラ賞」受賞の【SF小説】です。
しかし舞台は1998年から2011年、内容も【推理/サスペンス小説】と見紛うばかりの内容なので、【SF小説】が苦手な人にもお薦めです。

~今となっては珍しくもない設定、ストーリー展開なのですが、それでも"色褪せていない"面白さを提供してくれました。~

 医療機器メーカー、そして医学博士として一躍名を馳せた「ピーター・ホブスン」博士の"魂波(ソウルウェーブ)"発見と生と死のシュミレーションから発生した事件。
前半は事件というより、「ピーター」の研究&サクセスストーリーで占められているのですが、全然、退屈しません。
そして、家庭の問題、やがて実験による制御不能に陥った恐るべき・・・・・・。(あとは読んでのお楽しみ。)

 【SF小説】は「まだ読んでいない面白い作品」が大分、眠っていそうです
「ロバート・J・ソウヤー」、今後、その名に気をつけて本探しをしようっと。

~~~
 生と死を境界を明確にする為、脳波・・・脳の微量な電気も測定可能とした機器を発明した「ピーター・ホブスン」博士。
末期の病人の協力を得て、その測定に成功した所・・・・・・魂と思われるべき、死の際に肉体から離れる電気信号をキャッチする。
その研究成果は世界に大論争を巻き起こし、博士は質問の最も多い「生」とは、そして「死」後の世界に関する一つの回答を得る為、友人の協力により一つの実験を行う。
自分の脳、脳の電気信号を全てコピーを三つ作成、一つからは「生」に関わる部分、もう一つからは「死」に関わる部分(電気信号)を削除して、シュミレーションを開始する。
やがて、それらの人工頭脳(AI)達は自身の学習により、大きく成長してきて・・・・・・。
~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『新・新本格もどき』読破 | トップページ | 【書籍】『殺害者のK』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『ターミナル・エクスペリメント』読破:

« 【書籍】『新・新本格もどき』読破 | トップページ | 【書籍】『殺害者のK』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク