« 【書籍】『剣の八』読破 | トップページ | 【書籍】『ポアロのクリスマス』再読 »

2011年8月 7日 (日)

【書籍】『千里眼の教室』読破

 「松岡圭祐(まつおか・けいすけ)」著、元自衛官(F15パイロット)で現在は臨床心理士の「岬美由紀(みさき・みゆき)」の活躍を描く【エンターテイメント】小説(&知識本)です。

 さてさて、本作で「岬美由紀」がどんな活躍をしてくれるかと言うと・・・・・・

~爆弾を仕掛けた犯人を嘘を見抜き、追跡にてF1爆走、加えて爆破を止める為、自衛隊基地からヘリを奪取~

 おいおい、序盤からドーンと飛ばしてくれています。
けれども、この思い切ったアクション&アクションを序盤に持ってきたのは、これから始まる展開への布石です。

爆弾が爆発してしまってからは一転、ヒロイン「岬美由紀」の活躍は鳴りを潜めて、"高校生達"の自治、そして成功物語へと変わってきます。

~~~
 高校生達が先生達を策略により、校舎外へ追い出し、校門を占めて自治宣言──「氏神高校国」の誕生です。
突入しようにも、目の前で繰り広げられた"事件"にて尻込み、また、生徒達の中で人質と「氏神高校国」統治者達の区別がつかない・・・・・・。
父母も自衛隊も警察も、そして先生達、政治家達も全く手詰まり状態の中、やがて明らかにそして示された「氏神高校国」の目的とは!?。
~~~

 今作では高校内での自給自足という事もあり、いつにも増して豆知識が満載です。
また、サクセスストーリーはどんな作品でも明るくしてくれるしね。

 さて、最後にシリーズ感想(過去記事)へのリンクを──。

『千里眼 The Start』
『千里眼 ファントム・クォーター』
『千里眼の水晶体』
『千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮』
本書
『千里眼 優しい悪魔 上・下』
『千里眼 キネシクス・アイ 上・下』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『剣の八』読破 | トップページ | 【書籍】『ポアロのクリスマス』再読 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『千里眼の教室』読破:

« 【書籍】『剣の八』読破 | トップページ | 【書籍】『ポアロのクリスマス』再読 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ