« 【書籍】『ポアロのクリスマス』再読 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】7月15日(金)~7月17日(日)雑記 »

2011年8月14日 (日)

【映画】『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1/PART2』を見た

 ついに完結です、宣伝文句曰く【史上最大のファンタジー】映画です。
『PART2』公開の一週間前ぐらいにレンタル屋で『PART1』を視聴し、準備を整えていたのですが、なかなか行く暇がなく、結局、公開日から数週間経ってからの視聴となりました。
(早めに『PART1』をレンタルしておいて良かったです。公開後、貸出率がアップしていたので。)

~完結を迎える作品は「終わった」という満足と同時に、もう続編が見れないのかと物悲しい・・・・・・。~

 内容が"あの人"との戦いメインで、暗くなった所からは《惰性》でシリーズ作品を見ていた時もありましたが、「終わり良ければ全て良し」(!?)、本完結編にて盛り返してくれました。
シリーズ当初からの練りに練った伏線と、ちょっと浅かったのではと思える伏線が混在していましたが、納得のいく結末だったと思います。(映像的には最近の映画は技術の向上にて、どの映画も十分なので特筆すべき事なし。)

 シリーズが続いている作品の強み──主人公達意外に"意外な活躍を見せる脇役"。(「ハグリット」の活躍が見られなかったのが、個人的に残念。友達の獣達と存分に暴れてくれるのかと思っていました・・・。)
短い作品だと"取って付けた様に"見えてしまう危険性がありますが、長い付き合いで"常連さん"だとその活躍が「ビシッ」と決まります。

 また、本作ではシリーズ完結において意外と鬼門である"後日譚"も、十分にクリアです。
変な"後日譚"を入れるのであれば、見ている側が膨らませる想像に任せて欲しいというモノが出来上がる可能性もある中、本作では最後の最後にまで、色々な事が"生きて/活きて"いたと思います。

~~~
 "あの人"─「ヴォルデモート」を倒す為に七つの「分霊箱」探しを開始した「ハリー」達。
しかし、「ヴォルデモート」勢力が増大する中、数々の危機が襲う・・・外側からも、内側からも。
やがて、明らかになる今までの全ての"死"の謎。
 全ての真相を知った時、「ハリー」が下した判断とは・・・・・・。
~~~

 なにわともあれ、シリーズ新作を「やきもき」して待つ作品が一つ減りました。
期間を空けて見ていたせいか、再見、または原作読破の気持ちがムクムク・・・・・・。

 さて、最後にブログを書きはじめてから見たシリーズ作品の感想(過去記事)へのリンクを──(間抜けあるので注意)

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』※再見
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『ポアロのクリスマス』再読 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】7月15日(金)~7月17日(日)雑記 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1/PART2』を見た:

« 【書籍】『ポアロのクリスマス』再読 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】7月15日(金)~7月17日(日)雑記 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ