« 【アニメ・ゲーム】6月29日(水)~7月3日(日)雑記 | トップページ | 【書籍】『裁きのJ』読破 »

2011年7月18日 (月)

【映画】『X-MEN ファースト・ジェネレーション』を見た

 「友よ・・・」──「プロフェッサーX」と「マグニートー」、「チャールズ」と「エリック」の波乱の物語開幕です。

 2時間越えの作品ながら、全く長さを感じさせない良い映画でした。
○「エリック」の両親との別れ(リピート・力の開眼PartⅠ)、そして力の開眼PartⅡ
○「チャールズ」と「レイブン」の出遭い(両者、幼少期)
○「チャールズ」と「エリック」の出遭い
○ミュータント発見システム初期型(「チャールズ」使用)
○「チャールズ」の支援による「エリック」、怒り以外の力の開眼
○「ビースト」誕生
○「チャールズ」、車椅子の秘密
○別離、新たなスタート

けれども、劇場はガラガラにて、とても寂しかったです。

 今、流行の3Dでもない、「まあ、目新しい映像⇒驚きはないのでは・・・」

と思うのも無理はありませんが、とんでもない、本作、見所満載です。(ただ、正直、3Dだったら、もう少し3D目当て客が入ったのでは・・・・・・。)
惜しい、惜しいなぁと思う作品です。
『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』は映像的にもストーリー的にも、とても物足りなかった。
本作も「ファースト・ジェネレーション」という所謂、"昔話"となります。
ミュータント達の能力はまだしも、施設&秘密兵器達が時代に合わせて"しょぼく"なるのではとの懸念がありました。
でも、今作は量でカバー!?、大艦隊が向い合った「キューバ危機」と合わせて、《人類が異能の者達に遭遇した場合》、ミュータント側の苦悩も合わせて見所のあるストーリーを提供してくれました。

 シリーズファンをニヤリとさせるフューチャーが多々あり、今までのシリーズに繋がる伏線が綿密に描かれている作品です。(ただ、「レイブン」=「ミスティーク」のその後の変貌ブリは・・・・・・描かなかった相当なエピソードがないとあそこまで捻くれないのでは。)
シリーズの面白さをUP、再見させる原動力ともなる、私にとっては予想以上だった作品でした。(ただの時間潰しで久しぶりに見た作品だったのですが、想定外。)

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】6月29日(水)~7月3日(日)雑記 | トップページ | 【書籍】『裁きのJ』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『X-MEN ファースト・ジェネレーション』を見た:

« 【アニメ・ゲーム】6月29日(水)~7月3日(日)雑記 | トップページ | 【書籍】『裁きのJ』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク