« 【書籍】『マルドゥック・ヴェロシティ2・3』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】6月20日(月)~6月22日(水)雑記 »

2011年7月 3日 (日)

【書籍】『ラガド 煉獄の教室』読破

 「両角長彦(もろずみ・たけひこ)」著、「第13回日本ミステリー文学大賞新人賞」を受賞した【推理小説】・・・・・なのかな?。

 赤系統で纏められた表装が恐怖を誘い、文中では下部に事件発生現場の教室における人の動きを記載した図あり。(加えて、各章の構成にも視点など凝っている。)

1)世にも恐ろしい真相でもあるのか。
2)図に秘められた謎を解き、真相に辿りつけというのか。

=ようし、やってやろうじゃん!!=

と、意気込んで読んでみたものの、えっ・・・・・・。
1)と2)、二つ共に期待を裏切られました。

1)については、その手法が描かれていないので、実感が沸かず恐怖が大幅に減退。(実はこんな状態となっていました──と結果だけ記載されてもね。)

2)については、「図は全く無意味だった」との感想です。
なーんにも隠されていなかった、文章を分かり易くする為の補足図でしょうか。
強いて、図の良かった点を挙げるとすると・・・・・・文章量が減って、読み終わる時間を短くしてくれた事かな。

~~~
 娘が自殺、その後、娘の教室を徘徊するようになった父親。
学校を含め、皆は無害との事で"無視"していたのですが・・・・・・ある日、突然、豹変して一人の女生徒が犠牲となる。
面倒見が良く、"無視"していた皆とは違い、いつも父親を教室の外へ連れ出す役目を自ら担っていた女生徒。
本当のターゲットはだれか、そして事件の背景は──。
やがて、明らかになる単なる教室の秘密ではない、驚愕の真相とは!?。
~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『マルドゥック・ヴェロシティ2・3』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】6月20日(月)~6月22日(水)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『ラガド 煉獄の教室』読破:

« 【書籍】『マルドゥック・ヴェロシティ2・3』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】6月20日(月)~6月22日(水)雑記 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク