« 【書籍】『あわせ鏡に飛び込んで』読破 | トップページ | 【書籍】『海がきこえるⅡ アイがあるから』読破 »

2011年7月24日 (日)

【アニメ】『海がきこえる』再見

 「ジブリ」映画では異色の作品なのかな、淡い恋愛ではなく恋愛の"ドロドロ面"についても描いた「青春恋愛物語」です。
どこかの記事でも見かけたけど、本作は本当にテレビ放映が少なかったというより、私は今回の視聴が2回です。(うーん、少なくても1回は見た記憶が・・・。)
どうして他の作品と比較して放映されないのでしょうか、作中の未成年飲酒のせい?、それともスタッフロールにあった「ジブリ 若手製作集団」の影響でしょうか。

 さて本作の中身はというと、一人の女性を巡り親友が対決・・・・・・といった趣は少なくて、ワガママな女性に振り回される男性の青春時代。
東京から来たヒロインを除く登場人物達の土佐弁とファンタジー要素を廃した恋愛劇が、聞き所&見所かな。

 甘甘、ニヤニヤの青春恋愛劇を期待していると"ガツン"としっぺ返しを喰う、そこが郷愁を誘う作品でしょうか。

~~~
 向かいのプラットホームに見覚えのある女性の姿・・・・・・そこから、大学生「杜崎拓(もりさき・たく)」の回想開始。
高校時代:「武藤里伽子(むとう・りかこ)」との出遭い、遡って中学時代:親友「松野豊(まつの・ゆたか)」との出遭い。
そして、高校時代の修学旅行に端を発した「里伽子」に深く関わる旅路と出来事。

 「杜崎拓」の青春途中回想録、始まり、始まり──
~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『あわせ鏡に飛び込んで』読破 | トップページ | 【書籍】『海がきこえるⅡ アイがあるから』読破 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ】『海がきこえる』再見:

« 【書籍】『あわせ鏡に飛び込んで』読破 | トップページ | 【書籍】『海がきこえるⅡ アイがあるから』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ