« 【書籍】『祝もものき事務所』読破 | トップページ | 【書籍】『殺人は容易だ』再読 »

2011年7月10日 (日)

【書籍】『殺人のH』読破

 「スー・グラフトン」著、女性探偵「キンジー・ミルホーン」が活躍する【推理小説】、いや【ハードボイルド】小説です。
特に今回はいつもよりサスペンス要素が強く、また自宅や事務所にて"色々な"危機に面する「キンジー」、住み慣れた保険会社間借りオフィスにピンチが迫ります。

 保険金詐欺女性の身辺調査が一変、かつての同僚(幼馴染&元警官)との再会、そしてなんと警察時代でも経験した事のない「潜入捜査」に巻き込まれる展開が待っています。
アパート家主、飯処のおかみと切り離されて、敵陣内、まさに孤独&孤立した捜査を強いられる「キンジー」。

 いつもと違い、全体に渡って緊迫した雰囲気が続く、今までのシリーズ作品とは一味変えた作品となっています。

 さて、最後にシリーズの感想(過去記事)へのリンクを──

『アリバイのA』
『泥棒のB』
『死体のC』
『騙しのD』
『証拠のE』
『逃亡者のF』
『探偵のG』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『祝もものき事務所』読破 | トップページ | 【書籍】『殺人は容易だ』再読 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『殺人のH』読破:

« 【書籍】『祝もものき事務所』読破 | トップページ | 【書籍】『殺人は容易だ』再読 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク