« 【書籍】『狂い咲く薔薇を君に 牧場智久の雑役』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】5月23日(月)~5月27日(金)雑記 »

2011年6月 5日 (日)

【書籍】『ビギナーズ・クラシックス日本の古典 源氏物語』読破

 「紫式部」の"超絶"長編の面白さを伝える為、「あらすじ」+ピックアップした場面の意訳+原文で全五十四巻の説明してくれる作品です。
書名とだいたいの内容──「"超絶"プレイボーイ日誌」としか、知識がない本作。
色々なジャンルにて色々な形で利用、引用される為、一度はしっかりと内容を把握しておきたいと思っているのですが、古典およびその量から、なかなか手が出ない。

 そんな中、助けになればと手に取った本です。

~意外や意外、この一冊でもしっかりと面白く感じられ、『「源氏物語」って面白い、分かるならば読みたい』と思わせてくれました。~

 本書の構成──あらすじの説明や抜粋した場面のチョイスが優れているからでしょうか、あまり"物語"として期待せずに"知識本"として身構えて読んでいたのですが、嬉しい誤算です。
以前に読んだ『わたしの古典シリーズ』(『古事記』読破)と同様に、このような作品を学生当時に読んでいたら、もっと古典の勉強に親しめたのかなと後悔です。

 「光源氏」を取り巻く多数の恋愛劇と愛憎劇、そして人間の業、因果応報。
自分はこの手のロマン小説が好きだったけ・・・・・・と頭を捻る程、面白くあらすじ・意訳・原文を読み進める事ができました。

 いやあ、定期的に読む作品に古典を入れるのも良いかな。
最近、色々な所で引用される有名な作品についてタイトルとあらすじしか知らない事が残念でならなくて・・・・・・。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『狂い咲く薔薇を君に 牧場智久の雑役』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】5月23日(月)~5月27日(金)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【書籍】『狂い咲く薔薇を君に 牧場智久の雑役』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】5月23日(月)~5月27日(金)雑記 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク