« 【書籍】『マルドゥック・ヴェロシティ1』読破 | トップページ | 【映画】『魔法使いの弟子』を見た »

2011年6月27日 (月)

【映画】『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』を見た

 奇妙な"縁"のある映画が時々、発生します。
本作も私にとってはその一つであり、【コメディ】映画だった点が若干、特撮&【SF】好きの私には納得しかねる所ですが・・・・・・。

1)たまに視聴する全米映画チャートにて、日本公開前に知る。
 アメリカン、アメリカン・コメディはいまいち嵌れない事が多いので、当初は少し記憶に留まっただけ。
何やら赤ん坊を抱いている姿があり、良くある【ベイビー・パニック】を狙った作品なのかなと。

2)時々見る映画評論サイトにて、好評価と知る。
 全部の記事を見る事はなく、特撮またはアクション作品に集中。
ただ、上記1)の記憶があった為、偶々、記事を見て「ほう、高評価だな。」と記憶に残る。

3)暗いor難しい作品ばかりの視聴後、"笑い"が欲しくなる。

 上記3つが合わさって、視聴に踏み切りました。

また、視聴後──

4)翌日 or 翌々日、芸能ニュースで続編『ハングオーバー!!』の公開を知る。
 「山本譲二」さんと「吉幾三」さんが映画宣伝を兼ねて、"飲んだ"という話でした。
「あっ、1を見たばっか。」と吃驚。
⇒その後、レンタル店にて結構、全て貸し出しとなっていることを見かけるように。
  私が見た時は、すんなり借りられたのでタイミングが良かったなぁと。

 とまあ、奇妙な"縁"を結果的に感じた作品です。(わざわざ続編を劇場で──とまでは思わないけど。)

 さて、映画の感想はというと、《腹を抱えて大爆笑》という事はなかったものの、当初に思っていたよりは笑えた作品でした。
【ベイビー・パニック】を前面に押し出す作品ではなく、赤ん坊も仕掛けの一つ、直ぐに母親が見つかった後、色々な仕掛け&騒動が盛り沢山、目白押しです。

~ただの単にハチャメチャだけでなく、全体的に一本の筋が通っている、しっかりしたシナリオの作品~

また、BGMもGoodな作品です。

~~~
 結婚式を間近に控えた「ダグ」と花嫁の弟「アラン(かなりの曲者)」、「フィル」、「スチュー」のラスベガスでの独身パーティー。
しかし、破目を外し過ぎた!?。
翌朝、目覚めると部屋にはニワトリ&タイガー、そして赤ん坊!?。
しかも、肝心の「花婿:ダグ」が行方不明ときた──!!。
 三人、記憶が飛んでいる中、必死で昨夜の経緯を辿るのですが・・・・・・ドンパチ発生!!!。
~~~

 コメディ物で続編は難しいと思うのですが・・・・・・この"笑い"と"シナリオ"のクオリティを失っていない事を切に願います。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『マルドゥック・ヴェロシティ1』読破 | トップページ | 【映画】『魔法使いの弟子』を見た »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【書籍】『マルドゥック・ヴェロシティ1』読破 | トップページ | 【映画】『魔法使いの弟子』を見た »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

リンク