« 【書籍】『探偵のG』読破 | トップページ | 【書籍】『スリーピング・マーダー』再読 »

2011年5月29日 (日)

【書籍】『読者よ欺かるるなかれ』読破

 「カーター・ディクスン」著、陸軍情報局総裁「ヘンリー・メリヴェール卿」が奇怪な事件を解決する【推理小説】です。
巨体を"のっし、のっし"の「H・M卿」、その容姿に似合わず素早い頭の回転と行動力(犯人を追い詰める裏工作)は抜群です。

~毎回、著者の作品を読むと思うのですが、「もっと早く会いたかったなぁ。」~

 まさに人間技、人智とも思えない事件の様相にて問題の歯応え(謎)は十分、解答に至るまでのサスペンス、ロマンス要素もなかなか。
でも、真相が──著者以降の他の色々な媒体の【推理】にて、広まってしまっているんだよなぁ。
時間が戻るのであれば、私の【推理小説】入門となった「アガサ・クリスティー」作品と共に著者の作品も全て読んでおきたかった。

~~~
 思念波(=テレフォース)にて殺人!?。
他人が発しうる思念を受信することで他人の考えていること、読心術が使えるという男「ハーマン・ペニイク」。
ある時、彼が館の主人に対して予言する──「夕食まで生きられない」と。
やがて、発生した変死事件、衆人環境の中での死亡、外傷がなく死因が不明!?。

 現代の科学を超越!?、いや思念波理論を使った進んだ科学の賜物か!!。
国全体のパニックに「H・M卿」が(面倒臭がりながらも)立ち上がる──。
~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『探偵のG』読破 | トップページ | 【書籍】『スリーピング・マーダー』再読 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『読者よ欺かるるなかれ』読破:

« 【書籍】『探偵のG』読破 | トップページ | 【書籍】『スリーピング・マーダー』再読 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ