« 【アニメ・ゲーム】5月1日(日)~5月4日(水)雑記 | トップページ | 【映画】『LIMIT[リミット]』を見た »

2011年5月14日 (土)

【アニメ】『装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端Ⅰ/Ⅱ』を見た

 以前に記事に書きましたが『装甲騎兵ボトムズ 孤影再び』を見て《「テイタニア」って誰?》状態となった事から、急遽視聴したOVAシリーズです。
テレビシリーズ後の後日譚──いや、「キリコ」レジェンド第二章となる「キリコ」の復活、「フィアナ」との別れを描いた作品です。
こんな重大な作品を見逃していたとは・・・・・・不覚です。

 本作は「Ⅰ」に3話、「Ⅱ」に2話の全5話構成です。
そして本作のヒロインはもちろん「フィアナ」、、、、いやいや「テイタニア」なのか!?。

○第1話「回帰」
 「キリコ」と「フィアナ」が眠る冷凍睡眠カプセルが開けられ「キリコ」覚醒、「フィアナ」は蘇生不足で死の危険へ。
偶然か、それとも・・・・・・目覚めた「キリコ」を「パーフェクトソルジャー」に変わる生物兵器、「AT」いらずの「ネクスタント」が襲う!!。
「武による秩序」を信条とする「マーティアル」教団枢機卿「モンテ=ウェルズ」の一人娘「テイタニア」・・・・・・事故から「ネクスタント」になる事で甦った彼女が「キリコ」を追跡する。

○第2話「アレギウム」
 「テイタニア」⇒「キリコ」⇒「フィアナ」の追跡合戦です。
~製作者側も意識しているけど、展開はまるで【ターミネーター】チェイス!!。~

○第3話「巡礼」
~懐かしい顔ぶれが出てきました、ここで老いた「ロッチナ」登場です。~
~最近はCGの「AT」バトルが多いため、この手描き感の「AT」バトルが愛おしい、独自の迫力があります。~

○第4話「臨界」
 「フィアナ」奪還へ。
「マーティアル」教会の後継者争いも決着、最大の策謀、そして最大の無謀な孤独な戦いが今、衝突です。

○第5話「触れ得ざる者」
 色々と立て込んで怒涛の結末へ。
「ネクスタント」の特徴である「補助脳」強制起動にて殺人マシーンとなった「テイタニア」が「キリコ」に迫る!!。
かつて「触れ得ざる者」として「マーティアル」教会に恐れられた「キリコ」の力とは・・・・・・。
明かされるコールドスリープの理由とカプセル内の最後の会話、そして「キリコ」と「フィアナ」の──。

~再び戦乱、戦場に戻ってきてしまった「キリコ」には気の毒ですが、テレビシリーズ後の後日譚、「キリコ」と「フィアナ」の二人の結末に決着をつけた納得の作品です。~

 ストーリー&バトル的にも満足できた一作です。

さて、ますます『幻影編』が楽しみになりました。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】5月1日(日)~5月4日(水)雑記 | トップページ | 【映画】『LIMIT[リミット]』を見た »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ】『装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端Ⅰ/Ⅱ』を見た:

« 【アニメ・ゲーム】5月1日(日)~5月4日(水)雑記 | トップページ | 【映画】『LIMIT[リミット]』を見た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ