« 【映画】『ラスト・ソルジャー』を見た | トップページ | 【書籍】『読者よ欺かるるなかれ』読破 »

2011年5月29日 (日)

【書籍】『探偵のG』読破

 「スー・グラフトン」著、タフガイ・・・いやタフガール(ウーマン!?)ではない、人間味溢れる"基本一匹狼"の女探偵「キンジー・ミルホーン」が活躍する【推理小説】です。

~~~
 吹っ飛ばされたアパートがやっと復旧と思いきや、過去の逆恨みから「キンジー」殺害に殺し屋が雇われる大ピンチ。
女性の依頼にて母親探しを実施中の「キンジー」を苦しめる!!。
そんな窮地の「キンジー」に助けあり・・・・・・「探偵」をやめようと考えている男、「ロバート・ディーツ」。
殺し屋との闘い、「ロバート」との意外な発展(!?)、そして単純な人探しが意外な事件へ発展!!。
~~~

 毎回、まさに踏んだり蹴ったり、生傷が絶えない「キンジー」。
その地道な努力と前面に見せないながらも、"じわっ"と染みるガッツ(頑張り)に惹かれる作品です。
また、「キンジー」を巡る脇役達の意外にも目立たない、けれども意外な進展もある日常が毎回、楽しみとなってきてます。
今回は、友人「ヴェラ」に一大転機が・・・・・・。

 さて、最後にシリーズの感想(過去記事)へのリンクを──

『アリバイのA』
『泥棒のB』
『死体のC』
『騙しのD』
『証拠のE』
『逃亡者のF』

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『ラスト・ソルジャー』を見た | トップページ | 【書籍】『読者よ欺かるるなかれ』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『探偵のG』読破:

« 【映画】『ラスト・ソルジャー』を見た | トップページ | 【書籍】『読者よ欺かるるなかれ』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク