« 【映画】『ザ・ディフェンダー』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】4月23日(土)~4月24日(日)雑記 »

2011年5月 3日 (火)

【書籍】『逃亡者のF』読破

 「スー・グラフトン」著、私立探偵「キンジー・ミルホーン」がいつも生死スレスレの危機に見舞われながらも事件を解決する【推理小説】です。

~本作はいつにも増して"暗い"内容だなぁ。~

依頼により事務所、いつものホームグラウンドを離れて"たった一人"で過ごす描写が多かった影響もあるのだけれども・・・・・・。

~~~
 17年前の殺人事件、その殺人事件の犯人として捕まったが脱獄した一人の男。
その男が捕まった!!──無罪を主張する男、余命幾ばくもないその男の父親の依頼を受けて、「キンジー」が17年前の事件の再調査に乗り出します。
~~~

~このシリーズの魅力って何なのだろう、やはり"孤高"の女探偵「キンジー」の思い、独り言に共感を覚えるからだろうか。~

 特段、大きな推理、閃きを駆使するのでもなく、足と度胸で地道に捜査する「キンジー」。
いざ、危機に陥った時、恐怖に怯えながらも突き進む「キンジー」。

~超然とした「ヒロイン」でない点がやはり親近感を沸かせるのかな。~

 さて最後にシリーズの感想(過去記事)へのリンクを──

『アリバイのA』
『泥棒のB』
『死体のC』
『騙しのD』
『証拠のE』

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『ザ・ディフェンダー』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】4月23日(土)~4月24日(日)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『逃亡者のF』読破:

« 【映画】『ザ・ディフェンダー』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】4月23日(土)~4月24日(日)雑記 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ