« 【書籍】『スリーピング・マーダー』再読 | トップページ | 【映画】『エクスペンダブルズ』を見た »

2011年5月29日 (日)

【映画】『3時10分、決断のとき』を見た

 「ラッセル・クロウ」&「クリスチャン・ベイル」共演の西部劇、奇妙な男の絆を描いた【アクション・ヒューマンドラマ】です。

~正直、あまり期待してないで見ました。~

 本作、レンタル屋で見かけるまで、全く知らなかった作品です。
タイトルと出演者から、記憶に残らないはずないのに・・・・・・余程、ヒットしなかったんだろうと。

 さて、見た感想はと言うと

~退屈はしない作品でしたが、成る程・・・・・・~

身構えて見た影響か、そう悪い作品には感じませんでした。
ただ、二大スター出演の割りには"盛り上らない"作品だなと・・・・・・。

~狙い過ぎた、その狙いが"見え見え"で少し"白けてしまう"作品なのかな。~

 過去のヒット作品のリメイクらしいけど、何故だろう。
リメイク元の作品は見た事ないけど、同様の流れとなる作品に既に触れておりストーリー的に斬新に感じなかったからか・・・・・・。
それとも、今の時代の風潮(流れ)に合わないからか・・・・・・。
また、折角の二人の役柄が合っていないと感じるからか・・・・・・「逆の方が意外と・・・」と見ている側に思わせてしまうようではね。

~~~
 ミスした部下は許さない、無法者達の非情なボス、早撃ち「ベン・ウェイド」(「ラッセル・クロウ」)。
借金に苦しむ牧場主、南北戦争で片足は義足、妻と二人の息子を養う父親「ダン」(「クリスチャン・ベイル」)。
女癖にて捕縛された「ベン」の護送に「ダン」が報奨金目当てに名乗りでる!!。
 自由──いや、無法に生きる男と義足と実直に生きる父親。
「ベン」の子分達が迫る中、3時10分発のユマ行きの列車を目指し、旅が始まる──。
~~~

 "男臭"漂う作品、ただ【ガン・アクション】映画を期待していると拍子抜けするのでご注意を。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『スリーピング・マーダー』再読 | トップページ | 【映画】『エクスペンダブルズ』を見た »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『3時10分、決断のとき』を見た:

« 【書籍】『スリーピング・マーダー』再読 | トップページ | 【映画】『エクスペンダブルズ』を見た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ