« 【映画】『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』を見た | トップページ | 【書籍】『ヴェサリウスの柩』読破 »

2011年4月24日 (日)

【書籍】『千里眼の水晶体』読破

 「松岡圭祐(まつおか・けいすけ)」著、スーパーウーマン「岬美由紀」が活躍する【エンターテイメント】小説です。
ヒューマンドラマあり、アクションあり、豆知識あり、そして適度な"文量"──ここ最近の三冊および別で読んでいる『万能鑑定士Q』シリーズは本当に手軽に読め、楽しめます。
本作は元自衛官として旧日本軍が残したウィルス兵器、現臨床心理士として不潔恐怖症に立ち向かいます。

 旧シリーズや先行して読んでしまっている本シリーズ作品にて上下巻がある場合には、半分は「岬美由紀」の過去、彼女を形成した環境が描かれる為、幾分内容的にはテンポは緩め。
でも三冊同時刊行された本作を含む三冊は、事件、事件(イベント、イベント)にてまるで『24』のよう、読んでいて止まりません。
とても導入し易い作品となっています、著者の万人をとり込む手腕に脱帽です。

~~~
 臨床心理士「岬美由紀」は飛行機から降りられなくなってしまった中年女性を助ける事に。
しかし、彼女が放火の容疑者として警察にマークされた時から事件は意外な、いやとてつもない大事件へと繋がっていく・・・・・・。
~~~

 本作では「岬美由紀」の親友が倒れるという事件がありますが、最終的にそのインパクトは薄れる結果となります。
なんて言っても最後・・・・・・今後、"彼女"がどのように「岬美由紀」が遭遇する事件に絡んでくるか楽しみです。

 さて、最後に本シリーズの感想(過去記事)へのリンクを──(先に後半2作品、読んでしまっています。)

『千里眼 The Start』
『千里眼 ファントム・クォーター』

『千里眼 優しい悪魔 上・下』
『千里眼 キネシクス・アイ 上・下』

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』を見た | トップページ | 【書籍】『ヴェサリウスの柩』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『千里眼の水晶体』読破:

« 【映画】『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』を見た | トップページ | 【書籍】『ヴェサリウスの柩』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク