« 【映画】『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】3月28日(月)~3月31日(木)雑記 »

2011年4月16日 (土)

【書籍】『千里眼 ファントム・クォーター』読破

 「松岡圭祐(まつおか・けいすけ)」著、"スーパーウーマン"、臨床心理士「岬美由紀」が活躍する【エンターテイメント】小説です。
前作にて「一体、何回リメイクするつもり」という疑念を払拭してくれた新シリーズ、さて、今回の感想はというと──

~本作の映像化が見たい!!、特に岸壁にて携○○○を構える「岬美由紀」が見たい!!!~

 終盤のアクションの見せ場・・・・・・読み場が最高潮です。
加えて、お得意の知識満載──中盤のとある閉鎖空間での"知的ゲーム"、散りばめられた臨床心理士としての活躍と、薄い一冊の中によくもここまで盛り込んだなぁと感心です。
(いつもの上下巻でないだけにボリューム的に満足できないのではと心配したのですが、杞憂でした。)

~~~
 急激な株暴落、そして古巣(自衛隊)からもたらされた不穏な噂・・・・・・。
そんな中、臨床心理士「岬美由紀」は依頼により、海外へ行く事に──しかし、向かっていく途中で、何者かに拉致されてしまう。
そして、連れて来られたのは・・・・・・別世界!?、ゲーム機を手に「第○章」と出題される問題に立ち向かう町だった。
 果たして、この町の目的は、そして「美由紀」と一緒に連れて来られてしまったカウンセリング対象者の運命は・・・・・・。
~~~

 さて、最後にシリーズの感想(過去記事)へのリンクを──
尚、本シリーズは後半の作品を二作、先行して読んでしまっています。

『千里眼 The Start』
『千里眼 優しい悪魔 上・下』
『千里眼 キネシクス・アイ 上・下』

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】3月28日(月)~3月31日(木)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『千里眼 ファントム・クォーター』読破:

« 【映画】『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】3月28日(月)~3月31日(木)雑記 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク