« 【映画】『センター・オブ・ジ・アース 3D』を見た | トップページ | 【書籍】『されど罪人は竜と踊る』読破 »

2011年3月12日 (土)

【書籍】『彷徨える艦隊 旗艦ドーントレス』読破

 「ジャック・キャンベル」著、【SF】──「田中芳樹」著の『銀河英雄伝説』風に言うと【スペース・オペラ】です。
"あらすじ"から読み手を興味を惹き付ける作品です。

100年前の冷凍睡眠が目覚めた「ジョン・ギアリー大佐」──しかし、目覚めた所は大敗し絶対絶命に置き込まれた艦隊の中。
過去の最後の戦いにおける活躍から、"伝説のブラック・ジャック、ギアリー"と歴史に刻まれていた!?。
多大な期待、伝説の男のプレッシャー・・・・・・しかし、艦隊の窮地を救う為、「ギアリー大佐」は過去の知識、技量、そして先祖の名誉と誇りを旨に、艦隊の指揮をとる!!。

~また、読みたいシリーズが増えました。~

 【SF】小説、特に艦隊モノにて"読み所"は、戦いの描写です。
既にいくつかの【SF】作品で鍛えられている事も影響していたかも知れませんが、本作の描写も"すんなり"受け入れる事ができました。

敵との相対距離が遠い時は艦隊映像がリアルではなく、数分遅れ──何分か前の状態から、戦術を練り、対応する熟練技を繰り出す「ギアリー」。
長い戦いにより、互いに憎しみのみ、戦争法を守らない軍隊に名誉と誇りを思い出させる「ギアリー」。
古参の軍人達との軋轢、自分を英雄視する周りのプレッシャーに苦悩する「ギアリー」。

ただの英雄譚、戦争モノではなく、等身大の艦隊司令官の重責の苦悩、発端が分からない戦争、異星人!?などなどが色々盛り込まれた作品でもあります。
とは言っても"ヒロイック"部分も疎かにしていません・・・・・・序盤に遭遇した「シンディック」軍の司令官との再会場面、何回、読み返した事か。

 本シリーズ、既に5巻まで出ています。
よーし、一気に読んでみますか──。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『センター・オブ・ジ・アース 3D』を見た | トップページ | 【書籍】『されど罪人は竜と踊る』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『彷徨える艦隊 旗艦ドーントレス』読破:

« 【映画】『センター・オブ・ジ・アース 3D』を見た | トップページ | 【書籍】『されど罪人は竜と踊る』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ