« 【書籍】『六とん4 一枚のとんかつ』読破 | トップページ | 【書籍】『九尾の猫』再読 »

2011年3月 4日 (金)

【アニメ】『宇宙ショーへようこそ』を見た

 DVDリリース後のテレビCMは改善されたけど、リリース前のCMでは「正直、見る気がしなかった作品」です。

■色々な映画祭出品/招待
 そこを前面にして宣伝しなくても・・・・・・。
■喋る犬の絵柄
 ちょっと好みの"絵"ではないなぁ。
■ヒーロー!?
 宇宙で特殊能力か、重力差の関係か、超人的な力を得て、小学生が活躍するのかな。
あまり"特別な力"と言った展開は、ちょっと・・・・・・。

上記が《引っかかり》となって、いまいち購入に踏み切れなかったのですが、長編【アニメ】に飢えていて・・・・・・ついに購入して視聴です。

2時間越えの長い作品、つまらなかったら(視聴が)大変だなぁと思ったのですが、前述の《引っかかり》と合わせて、杞憂でした。

~序盤から予想した内容&映像を覆してくれる、いい大人でも十分に《宇宙旅行》が楽しめる作品です。~

タイトルでは宇宙の人気海賊番組《宇宙ショー》が掲げられていますが、本作品の楽しさは《宇宙ショー》ではありません。
《宇宙ショー》は主人公達が巻き込まれる事件のキーとなっていますが、出てくるのは、ほんの少し。
本作の見所の一つは、描かれている独特の宇宙の街&町、旅&乗り物です──見ているだけでも(見ているだけなのですが)、"わくわく"させてくれました。

ストーリー的には終盤の大宇宙展開は、ちょっと唐突気味ですが、小学生五人がそれぞれに遭遇する事態&心情については、分かり易く共感を呼び、懐かしい・・・・・・。
最近の長編劇場版【アニメ】、ハズレも若干あるけど、「当たり」が多くなっているなぁ、今後もどんな作品が出てくるのか楽しみです。

~~~
 「夏紀(なつき)」お姉ちゃんは、いとこの「周(あまね)」の態度に困惑気味。
うさぎの「ぴょん吉」失踪事件から、ちょっと"ギクシャク"。
小学生五人だけの校舎での夏合宿が始まり、「ぴょん吉」捜索に乗り出すみんな。
 そこで見つけたのは傷つき倒れている犬──校舎へ連れて帰り、手当てをすると・・・・・・犬が喋った!?。
~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『六とん4 一枚のとんかつ』読破 | トップページ | 【書籍】『九尾の猫』再読 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ】『宇宙ショーへようこそ』を見た:

« 【書籍】『六とん4 一枚のとんかつ』読破 | トップページ | 【書籍】『九尾の猫』再読 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク