« 【書籍】『彷徨える艦隊2 特務戦隊フュリアス』読破 | トップページ | 【映画】『ショーシャンクの空に』再見 »

2011年3月26日 (土)

【書籍】『カンナ 鎌倉の血陣』読破

 「高田崇史(たかだ・たかふみ)」著、忍者の末裔(しかし忍術はいまひとつ)の「鴨志田甲斐(かもしだ・かい)」が盗まれた社伝を巡り、巻き込まれる事件を描いた【歴史ミステリ】小説です。
「アクション」面が多く、『QED』より読み易い本シリーズですが、本作では「少しやり過ぎ」かな。
肝心の【歴史ミステリ】部分にて、本作にて伝えたかった謎の解答は十分に記憶に残りましたが、「鎌倉」の歴史と言った点では私の元々の知識の無さも手伝い、"スルリ"と抜けてしまった印象です。

~最近はすっかりご無沙汰ですが、結構、身近な「鎌倉」が舞台だったのに残念でなりません。~

 場面をアクションに割く分、その地方と歴史の描写がやはり『QED』シリーズと比較して少ない。
今までは幾分、謎と舞台を絞っていたからあまり気にならなかったのか、今回は「鎌倉」という時代、その時代の武士の真実と広範囲だった為、"足りない"と感じたのでしょうか。
また、数々発生する事件の根幹となっている社伝について、全く進展がないのも残念。
今回、「甲斐」は婚約者「聡美」との鎌倉二人旅にて、なんかしら変化を期待したのですが・・・・・・うーん、こちらも進展なし。
ただ、「甲斐」の素質!?、「甲斐」の"能力"に変化がありました。どんな能力が隠されているのか、今後、注視です。

 さて最後に本シリーズの感想(過去記事)へのリンクを──

『カンナ 飛鳥の光臨』
『カンナ 天草の神兵』
『カンナ 吉野の暗闇』
『カンナ 奥州の覇者』
『カンナ 戸隠の殺皆』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『彷徨える艦隊2 特務戦隊フュリアス』読破 | トップページ | 【映画】『ショーシャンクの空に』再見 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『カンナ 鎌倉の血陣』読破:

« 【書籍】『彷徨える艦隊2 特務戦隊フュリアス』読破 | トップページ | 【映画】『ショーシャンクの空に』再見 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク