« 【映画】『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』を見た | トップページ | 【映画】『ミレニアム2 火と戯れる女』を見た »

2011年3月26日 (土)

【映画】『チョコレート・ファイター』を見た

 うわぁ、流石"ガチンコ"【アクション】映画・・・・・・迫力が違う!!。
「ジージャー」演じる少女「ゼン」が生まれる前からの話から始まっています。
なので、序章が長いなぁと少し退屈気味だったのですが、一旦"アクション"が始まるとストーリーは一旦置いといて、数々のアイディアの詰まったアクション、アクションが炸裂です。

 主人公「ゼン」のアクション・・・・・・文句のつけ所がありません。
また、脇役、敵役共に"いい味"を出しているんだ、これが。
特に「ゼン」の幼馴染の"ふとっちょ"「ムン」──殺伐さを幾らか緩和してくれているのが有り難い。
終盤に「ゼン」の前に立ちはだかった強敵・・・・・・漫画(アニメ)みたいな狙い通りの敵に吃驚です。
ただ、ちょっと首を捻る登場人物も多々あり。
敵の親分・・・・・・あの長髪だけはなんとかして欲しかった。(逆にあの長髪が憎らしさ倍増で、いい"仇"っぷりを演出してたのかな。)
また、「ゼン」の父親役となる「阿部寛」さんには少しサービス過剰だったとの気もしないでもない・・・・・・。

 とにもかくにも『マッハ!』で衝撃を与えてくれた製作陣、期待を裏切らない、期待以上の【アクション】映画を披露してくれました。
本作、前々から見よう、見ようと思っていたのだけれど借りられている、他の新作視聴などが重なり、なかなかタイミングが合わなかった。
今回、見れて大満足です。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』を見た | トップページ | 【映画】『ミレニアム2 火と戯れる女』を見た »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『チョコレート・ファイター』を見た:

« 【映画】『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』を見た | トップページ | 【映画】『ミレニアム2 火と戯れる女』を見た »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク