« 【映画】『チョコレート・ファイター』を見た | トップページ | 【書籍】『<移情閣>ゲーム キャンペーンに仕組まれた大謀略』読破 »

2011年3月26日 (土)

【映画】『ミレニアム2 火と戯れる女』を見た

 「スティーグ・ラーソン」原作の実写化、残念ながら本作は【推理】より、【サスペンス】に特化した作品へと移行しつつあります。
「リスベット」に殺人容疑がかかる大ピンチなのですが、いまいち緊迫感がないなぁ・・・・・・。
予告編で不気味だった"大男"・・・・・・実際、本作で見るといまいち"不気味感"不足、ハラハラしない。(闘った登場人物達は"モンスター"みたいと言っているのですが、映像から伝わらない。)

原作はどうか知りませんが、もう少し前作と同様に《多人数から一人(犯人)探し》面の捜査/調査過程の面白味があれば良かったのですが・・・・・・。

~結局、「リスベット」に関する《○○サーガ》的な話へ持っていってしまったのが残念でならない。~

 ここまで見たからには最終章である第三作目も視聴する予定ですが、少し拍子抜けしてしまったなぁ。

 さて、最後に前作の感想(過去記事)へのリンクを──

『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『チョコレート・ファイター』を見た | トップページ | 【書籍】『<移情閣>ゲーム キャンペーンに仕組まれた大謀略』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『ミレニアム2 火と戯れる女』を見た:

» ■映画『ミレニアム2 火と戯れる女』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
1作目に「リスベット 活躍編」とサブタイトルを付けるなら、本作『ミレニアム2 火と戯れる女』は「リスベット 死闘編」とサブタイトルを付けたい…。 そんな感じの作品です。 第1作の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』で、初めて観客の前に姿を現したヒロイン、リスベッ... [続きを読む]

« 【映画】『チョコレート・ファイター』を見た | トップページ | 【書籍】『<移情閣>ゲーム キャンペーンに仕組まれた大謀略』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク