« 【書籍】『騙しのD』読破 | トップページ | 【映画】『必死剣鳥刺し』を見た »

2011年2月 5日 (土)

【書籍】『レクイエム 私立探偵・桐山真紀子』読破

 「二階堂黎人(にかいどう・れいと)」&「千澤のり子(ちざわ・のりこ)」合作、元警察官の私立探偵「桐山真紀子(きりやま・まきこ)」が活躍する【探偵小説】、シリーズ第二弾かな。
「宗形キメラ」名義の前作は読んでいません(単に見当たらなかったので・・・・・・第二作目からの読破となりました)。

 「二階堂黎人」氏の名がある事から、名探偵「二階堂蘭子」に続く"天才"肌の新たな探偵の登場かと思ったら・・・・・・。

~"天才"肌と間逆、堅実な捜査の探偵です。~

 今、シリーズ読破中の「スー・グラフトン」著、女探偵「キンジー・ミルホーン」を彷彿させる探偵です。
(扱う事件がこちらが「幼稚園バス爆破事件」と事件の悲惨さと規模が大きいといった違いがありますが・・・・・・。)
なので、現在、堅実捜査【探偵小説】として「キンジー・ミルホーン」シリーズを読んでいるので、同系統の探偵は今時点では追加で読み進める気にはならないかな・・・・・・。

 事件の真相への興味により、次々と読めたのですが、無理に《本格推理要素(!?)》を入れようとしたのか、中途中途に挟まれたメールやり取りに関わる都市伝説事件は正直、冗長です。
単純に「幼稚園バス爆破事件」一本で良かったのでは──。

~~~
 一年前に発生し、多大な被害者と悲しむ遺族を出した「幼稚園バス爆破事件」。
犯人は逮捕され裁判中・・・・・・その犯人は爆弾は盗まれたモノ、自分は爆破していないと突然、自供を翻した!!。
被害者遺族を友人に持つ社長の依頼にて、事件を再捜査することになった「桐山真紀子」。
 事件を蒸し返される事を嫌う警察の反発を受ける中、辿り着いた真相とは──。
~~~

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『騙しのD』読破 | トップページ | 【映画】『必死剣鳥刺し』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『レクイエム 私立探偵・桐山真紀子』読破:

« 【書籍】『騙しのD』読破 | トップページ | 【映画】『必死剣鳥刺し』を見た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ