« 【アニメ】『銀幕ヘタリア』を見た | トップページ | 【映画】『ゾンビランド』を見た »

2011年2月 6日 (日)

【アニメ・ゲーム】2月5日(土)雑記

 ファミ通の記事を見て吃驚・・・・・・随分と昔のゲームを出すんだと。
私のゲームへの入門は「スーパーファミコン」[SFC]から──と(当時、)周りと比較して遅かったです。なので「ファミコン」[FC]のソフトにてプレイしたかった作品を今、「ゲームボーイアドバンス」[GBA]ソフトにて[NDS]でプレイ中。
加えて、ゲームセンターについては格闘ゲームが流行してからも、あまり行っていない、それ以前なら尚更。
なので、[FC]へ移植されたアーケード作品がアーケードのクオリティのまま販売されても、いまいち触手が動かない・・・・・・。

まあ、昔の作品が色々と復刻されるのは良い事だと思うけど・・・・・・それだけ、新規のゲームユーザーが少ないのかな。
映像、操作系は色々と進化してるけど色々なモノが溢れたせいか、"一過性"作品が多く、長く付き合える作品が少なくなっているのかな。

□表中「区分」の意味
A:アニメ
C:コミック
G:ゲーム
-:その他

表.[11/02/05(土)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A GOSICK-ゴシック- 第5話 【ピックアップ】参照。
A GIANT KILLING 第19話 vs.今季無敗の強敵[大阪ガンナーズ],くぅーいい所で続くかよ。
A セキレイ~Pure Engagement~ 第10話 [鈿女]と[千穂]の出遭いと別れ・・・。
第11話 【ピックアップ】参照。
G NAM-1975 NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G 龍虎の拳2 NEOGEO まだまだ[Mr.ビッグ]の面白さが掴めん。
G 真サムライスピリッツ NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G 餓狼伝説3 NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G 風雲スーパータッグバトル NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G ニンジャマスターズ~覇王忍法帖~ NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G わくわく7 NEOGEO 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[02/05]

■『GOSICK-ゴシック-』
 【推理小説】の場合、大抵は映像化されると"情報不足"と感じられる部分が多く、「小説の方が・・・」との感想を持つ作品が多い。
でも、ライトノベルだと元々映像向きなのか、映像化により随分と"映える"作品が多い──本作もその一つです。
小説を読んだ時は「いまいち」と感じた話が、何故だろう、こうも"納得"のいきやすい内容となっているとは意外です。
 本作、原作既読にて"動く「ヴィクトリカ」"以外、楽しめないのではと懸念していましたが、予想を裏切り、推理部分も(改めて)楽しめる作品となっています。

■『セキレイ~Pure Engagement~』
 どうやらコンビニでチラッと読んだ最新巻とは異なる展開のようです、うまく着地すると良いけど。
「千穂」の治療法を求めて、「M・B・I」本社最上階を目指して、全員出撃です。

■『NAM-1975』[NEOGEO]
 [NEOGEO]初期の難度"高"作品──ここに来てじっくりプレイしたくなりました。
「SNKプレイモア」提供のサイトにて『マジシャンロード』のノーミス動画を見た事で、当初は投げ出し気味だった作品に再挑戦したくなりました。
なんでも根気良くプレイだよな、その気持ちを忘れていました・・・・・・何度もプレイする内に光明が見えてくる、そこが達成度&面白さに繋がるだから。

■『真サムライスピリッツ』[NEOGEO]
 プレイキャラを「右京」から「王虎」に変えて、再クリアに挑戦です。
「王虎」・・・・・・武器が石柱になった事以外でも、グラフィック面では格段にパワーアップ。
"質感"的には一番、魅力あるキャラとなっているのではないでしょうか。
インパクトによりダメージが大幅に変わる破壊力・・・・・・『真サム』の魅力(一部で短所!?)である"あいまいさ"&"一撃"を存分に味わえるキャラではないでしょうか。("斬る"じゃない点が惜しいけど。)
 今まであまり使わなかった「武器破壊必殺技」が"活きる"点もGoodです。

■『餓狼伝説3』[NEOGEO]
 未だ「アンディ」にてプレイです。
だって、飛び込み連続技・オーバースウェー攻撃からの連続技・コンビネーションアーツを使った連続技と色々と楽しめるキャラなので。
一撃、一撃が"重い"本作(単に体力ゲージが少ない!?)、もう少し体力的に余裕があればとも思うのですが、気を抜くと一気に試合が決まる緊迫感も良い。
その中で"出せてこそ"、色々と上達すると言うものです。

■『風雲スーパータッグバトル』[NEOGEO]
 相変わらず「ロサ」&「キム」コンビでプレイ──タイミング&リズム良いコンビネーション操作を楽しむ作品です。
ステージ&BGMのバリエーションが少ないのが残念ですが、終盤の展開や意外と細やかな演出にてカバーしています。
コンボのリズムが安定して来て、交代など色々な事に目配り&実施できるようになると、もっと楽しくなると思います。
かなり昔から所持していたのですが、どうも深くプレイが出来なかった作品・・・・・・今回は違う結果となりそうです。
ここに来てまた評価が変わるとは・・・・・・一体、何の影響だろう。

■『ニンジャマスターズ~覇王忍法帖~』[NEOGEO]
 先行入力による連続技の面白さ(!?)&レバー操作の忙しさが堪能できる作品です。
本作も『風雲スーパータッグバトル』と同じく、あまり"のめり込む"事ができませんでした。
一応、全キャラクリアしていますが、「スタイルチェンジ」(武器取り出し・収納)を利用した連続技や違いなどを味わうまでに全く到達していませんでした。
今回は上記点を楽しめるまで、プレイし続けたいと思います。

■『わくわく7』[NEOGEO]
 本作も「一撃 > 連続技」の作品です。(必殺技に多段技が多い為、見た目的な爽快感はありますが・・・・・・。)
一つ一つの技の特性を意識、意外な"じっくり"感が堪りません。
また、色々な演出面にて「SUNSOFT」さんの魅力がバッチリ・・・・・・思わず、相手の技を喰らってしまいます。(「ハラハラアタック」を止めるかどうか、迷うぐらい・・・・・・。)

 ここの所、手軽さから携帯ゲーム機や珍しく[PS2]ばかり稼動させていたのですが・・・・・・やっぱり、私の一番は[NEOGEO]だなぁと再認識です。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『銀幕ヘタリア』を見た | トップページ | 【映画】『ゾンビランド』を見た »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ・ゲーム】2月5日(土)雑記:

« 【アニメ】『銀幕ヘタリア』を見た | トップページ | 【映画】『ゾンビランド』を見た »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク