« 【書籍】『アルカディアの魔女 北斗学園七不思議3』読破 | トップページ | 【アニメ】『∀ガンダムⅡ 月光蝶』を見た »

2011年1月30日 (日)

【書籍】『ひらいたトランプ』再読

 「アガサ・クリスティー」著、名探偵「ポアロ」が活躍する【推理小説】です。
本作では「ポアロ」の他、「バトル警視」も捜査を実施、はてまた探偵作家「アリアドニ・オリヴァ夫人」や諜報部員「レイス大佐」も捜査支援です。

 「アガサ・クリスティー」作品の中で本作、ベスト3ぐらいに印象に残っています。
何故って、理由は以下の通り。

「クリスティー」作品は昔、学校の図書館や町の図書館を利用して読んでいました。
本作は唯一、購入した作品だったから・・・・・・そして、当時、読んだ時、「コントラクトブリッジ」と呼ばれるとトランプゲームを知らず、本来の面白さを味わえなかったのではとの後悔が、初読以来、ずっと付き纏っているので。
今回、再読に当たり、PCゲームで「コントラクトブリッジ」のソフトを購入し、読む前に習得しようと思っていたのですが──意志が弱いなぁ、時間が取れず、宝の持ち腐れ状態です。
また、次回、再読の時には必ず──。

 でも、本作は「コントラクトブリッジ」のルールを知らなくても十分に楽しめます。(知っていたら、十二分なのかな。)
容疑者がたった4人の中、最後の最後まで犯人は誰かの面白さを持続させてくれています。

~~~
 怪人(!?)「シャイタナ」氏の悪趣味の一つ・・・・・・一流の殺人者の収集。
彼の収集品(!?)の集るパーティーに呼ばれた「ポアロ」を含む、犯罪に関わる捜査側四人。(探偵、警視、小説家、諜報員)
「ポアロ」が危険視したそのパーティーで事件が起こる・・・・・・「シャイタナ」氏が暖炉前にて刺殺。
その部屋ではパーティーに呼ばれた殺人者!?、いや四人の男女が「コントラクトブリッジ」に興じていた。
 たった四人の容疑者、そして四人全てに殺害のチャンスあり・・・・・・果たして、犯人をどうやって絞り込めば良いのか。
「ポアロ」が殺人の"型"に注目し、犯人を導き出す!!。
~~~

 さて、最後に著者の作品リスト(過去記事)へのリンクを──

『アガサ・クリスティー百科事典』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『アルカディアの魔女 北斗学園七不思議3』読破 | トップページ | 【アニメ】『∀ガンダムⅡ 月光蝶』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『ひらいたトランプ』再読:

« 【書籍】『アルカディアの魔女 北斗学園七不思議3』読破 | トップページ | 【アニメ】『∀ガンダムⅡ 月光蝶』を見た »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

リンク