« 【書籍】『マルドゥック・スクランブル』読破 | トップページ | 【映画】『スコーピオン』を見た »

2011年1月29日 (土)

【アニメ・ゲーム】1月23日(日)~1月28日(金)雑記

 やっと携帯ゲーム機が少しずつ稼動してきました。
また、久しぶりに[PS2]をプレイしていたら・・・・・・S端子ケーブルが中で断線か!?。
他のゲーム機のS端子ケーブルと比較して、随分、太く頑丈なコードだったのに──。

□表中「区分」の意味
A:アニメ
C:コミック
G:ゲーム
-:その他

表.[11/01/23(日)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 第3話 初デートに尾行者ゾクゾク;映画は[ゾンビリーグ]。
A Phantom 第25話 夢の場所・・・[キャル]との悲しい決着。
第26話 【ピックアップ】参照。
A とある魔術の禁書目録Ⅱ 第15話 [アニェーゼ]奪還作戦開始,天草式潜水艦発進!!。
A テガミバチREVERSE 第16話 [ゴーシュ]⇒[マローダー],[ロダ]との再会。
A ドラゴンクライシス! 第2話 10年前の出遭いを思い出す!?;ブラックドラゴン来襲。

【ピックアップ】[01/23]

■『Phantom』
 【最終回】です。
意外・・・・・・実に"素直な"結末だったので。
初めから舞台が現代で特に超常的な要素がなかった事で、意外に感じていた本作。(それまでの「ニトロプラス」原作の【アニメ】化と比較して。)
こうも先が《すんなり読める》展開(ラスボス含む)を持ってくるとは──その点に吃驚です。
 殺し屋「ファントム」三代記、ここに完結です。

表.[11/01/24(月)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A フリージング 第3話 [カズヤ]・・・だたのヘタレ&事態混乱キャラでなくて良かった。
- ガキの使いやあらへんで!! 11/01/24 【ピックアップ】参照。
A バクマン。 第4話 ペンの種類,工程講座;漫画家になる3つの秘訣!?,うぬぼれ,努力,運!?。
A チョコレートのウサギ パルピー 第-話 なんだこのドット絵アニメは・・・常にオチは溶けオチ!?。
G ブレス オブ ファイア~竜の戦士~ GBA 【ピックアップ】参照。
G テイルズ オブ ファンタジア GBA 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[01/24]

■『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』[バラエティ番組]
 まだ見ぬ、新しい芸人さん発掘番組は『あらびき団』と本番組の新年会だけになってしまった・・・・・・。(『ぐるナイ』や『さんまのまんま』でもあったかな。)
第22回新年会にて恒例の第5回山-1グランプリ開催です。(「がんばラビット」。)

※()内:「山崎邦正」さんがつけた点数・・・まあ、全部10点なので、記載は不要だったかも。

○「オープンスペース」さん(10)
 笑い上戸ボケ。

○「2700」さん(10)
 ♪右肘、左肘、交互に見て~。

○「とっしー」さん(10)
 即興、フルーツだじゃれ。「熟しました」、「フルッツです。」・・・・・・・≠「Wコロン」!?。

○「古賀シュウ」さん(10)
 「鈴木宗男」さんと「ハマコー」さんのモノマネ披露。

○「こばやしけん太」さん(10)
 効果音紙芝居。

○「カトゥー直也」さん(10)
 二丁目的早口言葉を披露・・・・・・怒りの鉄拳!?、「おげんこ~」。

○「ふとっちょ☆カウボーイ」さん(10)
 あれっ、なんで「腹ギター」なんて持ち出しているんだろう・・・・・・いつもの「パーン」は!?。

■『ブレス オブ ファイア~竜の戦士~』[GBA]
 長く続いている、または長く続いた[RPG]の最初の作品をプレイしてみようと始めた本作、やっとクリアです。
[SFC]では「あの格闘ゲームのCAPCOMが・・・」で話題だった記憶があります。
本シリーズは[PS2]で『ブレス オブ ファイアⅤ ドラゴンクォーター』をプレイした事があります、クリア時はめちゃくちゃ感動しました。
『~Ⅴ』はシリーズ内では異色の作品だったようで、初期作品とは全く雰囲気が異なっているのですが・・・・・・。

 最後の戦いはきつかった・・・・・・壺に汲んだ泉の水がなかったら、全滅していました。
なんであんなに苦戦したんだろう、終盤ダンジョンについて探索が大変だったので、敵と遭遇しなくなるアイテムを使用して、レベルアップを怠ったからでしょうか。
苦しい戦いを制した感動はありますが、ストーリー的には感動は薄い作品でした。
個々のイベント(仲間との出会い、四天王との戦い)は上々なのですが、全体を通したストーリーが不十分に感じました。
1枚絵まで容易したキーパーソンとなる登場人物があまりにも"出なさ"過ぎです。
ただ、本作は"話に凝った"というより、"映像&システムに凝った、拘った"作品なのでしょう。
クォータービューの画面、戦闘時に動きが活き活きと感じされる演出、各キャラクターに付与されたフィールドマップ上でのアクション・・・・・・十分に印象に残りました。
前述通り、ストーリーは希薄でしたが、次のイベントへの道しるべの出し方、繋げ方は上手だったんではないでしょうか。
単純に「次、どうすれば良い」と直接的なヒントを出すわけでもなく、次にどこへ行かなければ、どこへ行けば道が開けるのかを適度に考えさせる点は絶妙でした。

■『テイルズ オブ ファンタジア』[GBA]
 こちらもシリーズが長く続いている[RPG]です。
戦闘時に各キャラが"喋る"、突然、歌が──と音響面での賑やかさに加えて、「リニアモーションバトルシステム」と呼ばれる戦闘がプレイ意欲をそそる一品です。
主人公だけを操作し、残り仲間が「作戦」に従ってオート(自動)で攻撃・・・・・・仲間と戦っている感を演出しています。(『聖剣伝説』[SFC]を思い出すなぁ。)
敵との位置関係、敵の攻撃タイミングを考えての戦い・・・・・・戦闘が面白いゲームは退屈しません。(『グランディア』[SS]を思い出すなぁ。)
説明書をちゃんと読んでいないかったので、セーブ箇所が「記憶陣」と呼ばれるダンジョン中のみと勘違いして、苦労しました。
フィールドマップ上では任意にセーブできるとは・・・・・・ちゃんと読まなきゃ。

 基本、戦闘が面白いのですが、それ以外にも色々と詰め込まれている作品です──「称号」や「料理」など。
まあ、前者の用途/意味は、(現時点では?)ちょっと不明ですが・・・・・・。
最新の[RPG]にはとんとご無沙汰なので、評価は甘いかも知れませんが、今、プレイしても十分に面白いと感じられるのは凄いなぁ。

表.[11/01/25(火)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A レベルE 第3話 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[01/25]

■『レベルE』
 本作、原作コミックを読んでいたと思っていたけど・・・・・・気のせいでした。
何故って、こんなに笑える作品を忘れているわけがない──。
当初、ダークなサスペンス作品かなっと思わせて、ベタベタ"ギャク"が癖になります。

表.[11/01/26(水)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
- あらびき団 11/01/25 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[01/26]

■『あらびき団』[バラエティ番組]

○「フルーツポンチ」さん
 養成所時代のネタ、原点披露・・・・・・「えっ、ティンカーベル(妖精)!?」。

○「たけし&ししゃも」さん
 ピンでは毎回、落選の二人。
タッグを組むと・・・・・・やはり、駄目でした~。(「たけし」さんと「さんま」さんのモノマネ披露)

○「KNU23」さん
 ジャンケンで特技披露者を決めようと・・・・・・。

○「安穂野香」さん
 「♪Brilliant Bird~パドパトス・ラパス~」、自身が考えた宇宙鳥にて"マントの舞"。

○「堂本剛」×「キュートン」
 ついに曲が完成!!・・・来週へ続くか、残念。

表.[11/01/27(木)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
G 一騎当千Shining Dragon PS2 【ピックアップ】参照。
A これは×ゾンビですか? GBA 友人[織戸]アイで妄想炸裂!!。
- はねるのトびら 11/01/26 【ピックアップ】参照。
G テイルズ オブ ファンタジア GBA 【ピックアップ】参照。
G 鉄拳6 PSP 【ピックアップ】参照。
G 龍虎の拳2 NEOGEO [Mr.ビッグ],高いポテンシャルを持て余し気味。
G サムライスピリッツ零SPECIAL NEOGEO [ナコルル],弾きの楽しさを味わいたいなぁ。
G パルスター NEOGEO SHTは1本に集中しないと・・・上達せず。
G KOF2001 NEOGEO そろそろ[アンヘル]卒業かな・・・。

【ピックアップ】[01/27]

■『一騎当千Shining Dragon』[PS2]
 「塩崎雄二」原作の【コミック】、【アニメ】が派生ストーリーで第三期まで作成された作品の【ゲーム】化第一弾です。
本作は3Dのアクションゲーム、その後の第二弾、第三弾は[PSP]にて2Dのベルトスクロールアクションに変更されていることから、第一弾の3Dはあまり良くなかったのかな・・・とあまり期待せずにプレイしました。
その事が良かったのか、意外に好評価です。
簡単操作を謳い文句にしすぎたせいか、一人より色々なプレイができるはずが、技の少なさにて確かにプレイは単調となります。
コンボは□×n、□□△△の2つだけ。(ガードはRボタン)
ダッシュ□or△と追い討ち×を習得できますが、それでも2つ。
△の強攻撃は[自キャラの向いている方向に対して]、上、下、横にて技が変化しますが、[]で括った部分が分かりづらく、当初はランダムで出るのかと疑ったくらい。(マニュアルにはきちんと書いてあるのですが・・・。)
せめて本作時点で"投げ"だけでもあれば良かったのですが・・・・・・。
 個人的な感想を言えば、「闘気必殺技」の演出(題字で決めは寂しい)とカメラアングルをもう少しなんとかしてくれれば・・・・・・残念。
簡単操作なので、全キャラクリアまで適度に遊べる作品かと思います。
やり込みに時間のかかる作品の中、いい気晴らし作品の一本となりそうです。

■『テイルズ オブ ファンタジア』[GBA]
 マニュアルはきちんと読まないと・・・・・・。
「奥義」、なんで出ないのだろうと思っていたら、対応する二つの必殺技の熟練度を100%にしないと駄目だったとは。
なんで、コマンド入力して出ないのだろう、と唸っていました。
ダンジョンの適度な仕掛けがGoodです。

■『はねるのトびら』[バラエティ番組]
 ゲストは「江口洋介」さん、気さくで明るく、そして何より勝負運強し!!。

まずは「キングコング・梶原」が"破壊"にて「ミンクのネックレス」を・・・・・・63,000円。
次は"ノッてる"と思われた「インパルス・堤下」さんが1700年前にフランスで流行った鍵+指輪にて95,000円。
「梶原」さんはドツボで、『ロストワールド ジェラシックパーク』[映画]の小道具、「ステゴザウルスの足跡用」にて50,000円の出費です。
レギュラーメンバは「ドランクドラゴン・塚地」さんを除いて戦々恐々、「ロバート・秋山」さんが「トリケラトプスの歯の化石」(6500万年前)にて65,000円。
最後は「江口」さんが高額商品との2択に勝利し、終了です。

■『鉄拳6』[PSP]
 携帯機であの4つボタン格闘ゲームを実現!?──大分、不安がありましたが最新据え置きハードはないことだし、購入してプレイです。
携帯機用に入力し易いようにアレンジしているのかなと思ったら、そんなことは一切なし。
通常配置では出すのが厳しい技がある為、「L:LP」、「R:RP」、「□:LP+LK」、「△:RP+RK」、「×:LK」、「○:RK」を割り振ってプレイです。
これでなんとか、LP・RKなどの素早い入力を求められる技が出せます。
そして「□+△」で4つボタン押しを代用です。

それにしてもトレーニングモードはもう少しコマンドリストを使い易く出来なかったのかな。
結局、紙媒体の攻略本を活用する破目になります・・・・・・(悲しいかな、それが狙いなのかな)。

表.[11/01/28(金)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A インフィニット・ストラトス 第4話 リーグ戦の対決に無人の乱入機!!;ハーレム状態加速と思いきや,次回ライバル出現!?。
C 鋼の錬金術師ハガレン研究所DX 第-巻 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[01/28]

■『鋼の錬金術師ハガレン研究所DX』[第-巻]
 既に最終巻を迎えた「荒川弘」さんの【ダーク・ファンタジー】のファンブックです。
放映時か放映前にキャラクターについての理解を深める目的で購入したのですが・・・・・・読者投稿ハガキをまとめた一冊なので、当初の目的は全く果たせず。
ちょっとある読者からのQ&Aが「研究所」たる所以!?──うーん、そりゃないよ。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『マルドゥック・スクランブル』読破 | トップページ | 【映画】『スコーピオン』を見た »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ・ゲーム】1月23日(日)~1月28日(金)雑記:

« 【書籍】『マルドゥック・スクランブル』読破 | トップページ | 【映画】『スコーピオン』を見た »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク