« 【アニメ・ゲーム】12月11日(土)~12月15日(水)雑記 | トップページ | 【書籍】『メソポタミヤの殺人』再読 »

2010年12月21日 (火)

【書籍】『七姫物語 第五章 東和の模様』読破

 「高野和(たかの・わたる)」著、七人の姫が治める都市を舞台にした【ファンタジー・時代】小説です。
本作では、お馴染みの面々、懐かしい人、そして"波乱"&"戦乱"を巻き起こす人が大きく動き、"東和"の構図、未来が大きく変化する事を予想させる内容となっています。

七姫で一番、幼い姫──でも、好奇心と向上心は人一倍の「カラカラ」さん(「空澄(からすみ)姫」)は、『四都同盟』を結ぶ為、「五宮」&「六宮」へお出掛け中─。
そんな中、中央では「一宮」と「二宮」が「一宮」離脱⇒「二宮」の『真都同盟』参加の町を巡って対立、ついに戦乱の嵐が!?。
大群を有する「一宮」が事を収めるかと思いきや、権力争いに破れ"東和"に逃れ「二宮」に力を貸す"破軍王"「ヴィイ」率いる実戦慣れした軍に「一宮」が大敗・・・・・・。

貴族、商人、武人(+謀略家)──権力または名声を求める色々な思惑が蠢き出す。
そんな世界で"お飾り"かも知れませんが、巫女を務め、争いを回避しようとする姫達は一服の清涼剤です。

 上を目指す「七宮」、個々の平和を目指す「五宮」&「六宮」の双子都市、守ることで必死な「三宮」、統一を目指す「一宮」&「二宮」。
ついに体制が"ハッキリ"なりつつある本作、いよいよ次回──と続くはずなのに、第六章がまだ出ていない模様。
「早く出してくれないかなぁ」・・・・・・。

さて、最後に前巻までの感想(過去記事)へのリンクを──

『七姫物語』
『七姫物語 第二章 世界のかたち』
『七姫物語 第三章 姫影交差』
『七姫物語 第四章 夏草話』

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】12月11日(土)~12月15日(水)雑記 | トップページ | 【書籍】『メソポタミヤの殺人』再読 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『七姫物語 第五章 東和の模様』読破:

« 【アニメ・ゲーム】12月11日(土)~12月15日(水)雑記 | トップページ | 【書籍】『メソポタミヤの殺人』再読 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ