« 【書籍】『七姫物語 第四章 夏草話』読破 | トップページ | 【書籍】『バチカン奇跡調査官』読破 »

2010年12月12日 (日)

【映画】『エアベンダー』を見た

 驚きのストーリーで魅力してきた「M.ナイト・シャマラン」監督による【ファンタジー・アクション】です。
見てまず浮かんだのは、

~どうしちゃったの、「シャマラン」監督!?~

子供向け映画に走ったのか、それとも『ウィロー』病(※)か・・・・・・。

※「ジョージ・ルーカス」製作総指揮の『ウィロー』。
 めちゃめちゃ楽しみにして見に行ったのですが・・・・・・当時、中途半端な終わりに納得がいかなかったのか、私の胸に「大ハズレ」の烙印を。

最新の特撮技術を駆使した作品について、時々「速すぎて良く分からん」と評してきましたが、申し訳ありません・・・・・・「スロー」よりは良いです。
まず、本作で目に付くのはやたらと「動作」の遅いアクション。
わざとスローにしている部分は良いのですが、全般的にアクションシーンが遅いと"違和感"バリバリです。
ただ、もしかしたら劇場公開の3Dでは適度なスピードなのかも・・・・・・(3Dは結構、チラつくため)。

 オープニング、演武⇒ナレーションで世界についての説明が始まった辺りで既に"危険な匂い"が漂っていたのですが・・・・・・最後まで「おおっ」と思わせる点もなく視聴終了です。

~~~
 水、火、土、気を操る「ベンダー」。
そして4つ全てを操る事ができ、精霊と話せる「アバター」。
その「アバター」がいなくなって100年、強大な「火の国」は方々に侵略の触手を伸ばす!!。
とある村の兄妹が狩りの最中に氷に埋まっていた少年を助けた時から、再び大きな"戦い"が動き出す。
~~~

 何やら続編の含みを持たせた終了ですが──正直、私はもうお腹一杯です。(たった、1時間40分なのに2回に分けて視聴・・・・・・興味が続かず、一気に見れなかった。)

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『七姫物語 第四章 夏草話』読破 | トップページ | 【書籍】『バチカン奇跡調査官』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『エアベンダー』を見た:

« 【書籍】『七姫物語 第四章 夏草話』読破 | トップページ | 【書籍】『バチカン奇跡調査官』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ