« 【書籍】『アリバイのA』再読 | トップページ | 【映画】『ジェヴォーダンの獣』再見 »

2010年11月 6日 (土)

【書籍】『七姫物語』読破

 「高野和(たかの・わたる)」著、第9回電撃ゲーム小説大賞<金賞>受賞の【ファンタジー&ヒューマンドラマ】です。

各都市が姫を擁立し、睨みあう大陸。
武人「テン」、軍師「タウ」との出会いにより、七番目、「空澄(カラスミ)」姫となった少女「カラスミ」(愛称:カラカラ!?)。
少女の視点を通して、この大陸の混沌と少女自身の成長を描く作品となっています。

派手派手、大盛り上がりの起伏の溢れた作品──ではないのですが、適度な"まったり"感と緊張感が続巻の期待を煽ります。
もともとシリーズとなっていたので、一作目を借りた作品です。
本作で一気に三人もの姫が出たのですが、やはり残りの姫とこの大陸の今後が気になります。
今読んでいる『蟲と眼球~』シリーズが読み終わったら、本シリーズ読破に入ろうかな。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『アリバイのA』再読 | トップページ | 【映画】『ジェヴォーダンの獣』再見 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『七姫物語』読破:

« 【書籍】『アリバイのA』再読 | トップページ | 【映画】『ジェヴォーダンの獣』再見 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

リンク