« 【書籍】『蟲と眼球とテディベア』読破 | トップページ | 【映画】『タイタンの戦い』を見た »

2010年10月16日 (土)

【アニメ・ゲーム】10月9日(土)~10月15日(金)雑記

 10月からの【新番組】は"笑い"が多いなぁ。

□表中「区分」の意味
A:アニメ
C:コミック
G:ゲーム
-:その他

表.[10/10/09(土)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A おとめ妖怪ざくろ 第1話 【ピックアップ】参照。
A 侵略!イカ娘 第1話 【ピックアップ】参照。
A 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第1話 【ピックアップ】参照。
A 神のみぞ知るセカイ 第1話 【ピックアップ】参照。
A それでも町は廻っている 第1話 【ピックアップ】参照。
A FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 第1話 【ピックアップ】参照。
A えむえむっ! 第1話 【ピックアップ】参照。
A GIANT KILLING 第3話 自習の目的は人間観察;自称"オウジ"の実力とは。
A テガミバチREVERSE 第1話 【ピックアップ】参照。
A 荒川アンダー ザ ブリッジ×2 第1話 【ピックアップ】参照。
A そらのおとしものフォルテ 第1話 【ピックアップ】参照。
G 龍虎の拳2 NEOGEO [ジャック]慣れなければ;大味な大技を当てる事ができるれば・・・。
G パルスター NEOGEO ファイト,SHTは本作に集中してみよう。
G KOF2001 NEOGEO [アンヘル],基本に立ち返りUCの入力タイミング詳細確認。
G ティンクルスタースプライツ NEOGEO 対戦SHT;画面(CPU側)を見る余裕が持てるようになりたい。
A 世紀末オカルト学院 第8話 [マヤ][亜美]喧嘩中,[チュパカブラ]事件発生。
第9話 降霊術にて現れた少女の霊[あかり],その家探しに。
第10話 サンタを待ち・・・;[オカルト学院]の由来を思い出す。
第11話 魔女狩り!?,いきなりの魔法少女もとい教頭展開。
第12話 唐突な展開に正直,唖然。
第13話 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[10/09]

■『おとめ妖怪ざくろ』
 【新番組】です──オープニング前の映像を見て、「外そうかな」と思ったのですが、監督の名前を見て、取りやめました。
アクション?、コメディ?・・・・・・人間と"妖人"達が暮らす世界、"妖人"達が絡んだ事件解決の為、人間と"妖人"が協力して事件にあたる機関が出来た。
そこに配属された"妖人"苦手の「ヘタレ」男と"妖人"少女との恋愛(!?)or漫才を交えつつ、歌と踊り付のアクションが繰り広げられる異色作品です。
なんとなく、"苦笑い"が誘発される作品です──この一定パターンで続くのか、何か起伏があるのか、今後の展開に注視です。

■『侵略!イカ娘』
 海を汚す人間に鉄槌!?──海からの侵略者「イカ娘」が主人公の【コメディ】、【新番組】です。
「~ゲソ」が口癖の「イカ娘」と「海の家れもん」の姉妹との"笑い"のやり取りが見物の作品です。
『ケロロ軍曹』のノリの作品・・・・・・ちょっとの息抜きに良い作品かな。

■『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』
 【新番組】です。
"出来すぎた妹"「桐乃」の意外な秘密を知った兄「京介」。
うーん、今後、どんな展開になるんだろう・・・・・・妹の通して、"ある世界"の描写を詳しく描く【コメディ】作品なのでしょうか。
第一話から意外なストーリー発動で、どう進むんだろうと楽しみです。

■『神のみぞ知るセカイ』
 【新番組】です。
ギャルゲー好き、攻略王"落とし神"と呼ばれる少年「桂木桂馬」と地獄から「駆け魂」回収にきた悪魔「エルシー」のタッグで贈る【ラブ・コメディ】です。
想定通りの分かり易い作品です。
心の隙間に宿った「駆け魂」を追い出す手段として、対象者と恋愛関係を持つ為に奮闘するというストーリー。
「リアル≠ゲーム」と不可能を主張する「桂馬」でしたが──。

■『それでも町は廻っている』
 予想を上回る"笑い"──【コメディ】作品、【新番組】です。
オープニングとエンディングと"見せる/魅せる"作り、内容も笑い、笑いの展開です。
喫茶「シーサイド」、もといメイドカフェ「シーサイド」が舞台。
「リトルグレイ≠アールグレイ」、「ノータリン≠ダージリン」の紅茶もない喫茶店。
そこで働くバイトの女子学生を中心に、ほんわかドタバタのコメディが楽しめます。

■『FORTUNE ARTERIAL 赤い約束』
 【新番組】です。
転校してきた学校の副会長(女性)と握手しようとした途端、異変。
7年ぶりで帰ってきた土地で遭遇するのは・・・・・・吸血鬼。
とりあえず、あまり珍しい設定ではない始まり。
今後の発展に期待です。

■『えむえむっ!』
 【新番組】です。
うーん、今後も色々な登場人物の隠れた○○を暴く内容となるのでしょうか、【コメディ】作品らしいのですが。
治したい体質を抱える主人公、進められた「第二ボランティア部」を訪れたのが──運のツキ!?。

~次からは第二期作品が続出。~

■『テガミバチREVERSE』
 【新番組】、シーズンⅡです。
手紙を奪う者「マローダ」となった「ゴーシュ」に再会した手紙を配達する者「ビー」の少年「ラグ」。
第一期の終盤の回想が長い、まあ、必要な振り返りだけど。
今までのような"暖かい"エピソードも良いけど、数々の謎に決着をつけて欲しいモノです。

■『荒川アンダー ザ ブリッジ×2』
 【新番組】、パートⅡです。
前作と同様、安定した笑いが楽しめる作品です。
何やら「ニノ」の過去に絡んだ夢、「アマゾネス」登場!?、そしてマラソン大会。
この調子で続けていって欲しいです。

■『そらのおとしものフォルテ』
 【新番組】、第二弾です。
空から来た天使型ロボット「イカロス」、「ニンフ」と彼女らと同居する少年を中心とした【SF・コメディ】です。
今回は「ダイブゲーム」にて少年と「新大陸発見部」部長、会長、幼馴染の夢へとダイブする話となっています。
期待通りのサービスシーン、そして次回を期待させる空からの新たな"刺客(!?)"。

■『世紀末オカルト学院』
 【最終回】です──最後の最後で"良作"となるインパクトを残す作品となるとは驚きです。
毎回、「外しているなぁ」と思っていたサブタイトル・・・・・・ここで活かす為だったのか。(「マヤの文明」)
ちょっと最後の『ウルトラマン』変身的な展開には苦笑でしたが、最後の最後に"カチッ"を嵌った内容でした。
まだ、見終わっていない『閃光のナイトレイド』もこのような仕掛けがあると嬉しいな。

表.[10/10/10(日)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A テガミバチREVERSE 第2話 【ピックアップ】参照。

■『テガミバチREVERSE』
 「ビー」を守る「ディンゴ」失格と思い、非常食「ステーキ」と共にいなくなってしまった「ニッチ」。
そんな「ニッチ」が「ゴーシュ」縁のパン屋に遭遇です。
深まる二人の絆と武器屋を兼ねるパン屋主人にもらった一発の「手紙弾」。
これらが、今シーズンの展開にどう影響してくるのか期待大です。

表.[10/10/11(月)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A アマガミSS 第13話 制服水着少女[七咲]編。
第14話 補習手伝いにて一気に進展;性格が微妙に変わる主人公に笑い。
C JIN-仁- 第1巻 【ピックアップ】参照。
第2巻
第3巻

■『JIN-仁-』[第1~3巻]
 テレビ【ドラマ】によるヒットが記憶に新しい「村上もとか」著、【タイムスリップ・ヒューマンドラマ】です。
迫力ある画力と緻密な描写に感心──流石、後発、"まとめ方"、"アレンジ"にてストーリーの盛り上がりには【ドラマ】へ軍配があがります。
【コミック】の方はテンポの良さにて、「出し惜しみ感」と「達成感」が幾分、低くなってしまいました。
そして【ドラマ】と比較してロマンス部分は、とても抑え目だし。
残念なのは、【ドラマ】、ここまで原作【コミック】からアレンジしているんだったら、「あの終わり方はないんじゃない」の点。
【ドラマ】最終回を見た時の記事にも書きましたが、その時の残念さが思い出されてきた・・・・・・。

表.[10/10/12(火)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
C バオー来訪者 第-巻 【ピックアップ】参照。

■『バオー来訪者』[第-巻]
 バルバルバル~、私の中に「荒木飛呂彦(あらき・ひろひこ)」という名を刻み付けた【SF・バイオレンス・アクション】作品です。
あまりにも正義の味方とはかけ離れた容姿、長ったらしい各技の名前──衝撃でした。
技の名前を憶えるのが一種のステータス(!?)にもなっていたし・・・・・・小規模な内輪での流行りでしたが。
~~~
 秘密実験を繰り返す政府機関「ドレス」の生体実験に晒された青年「育郎」と予知能力を持つ少女「スミレ」。
二人が出遭った時、「育郎」に寄生した脅威の生物「バオー」が動き出す!!。

バオー・メルテッディン・パルム・フェノメノン(胃液?)
バオー・アームド・フェノメノン(武装)
バオー・リスキニハーデン・セイバー・フェノメノン(カッター)
バオー・シューティング・ビースス・スティンガー・フェノメノン(「鬼太郎」?、≒髪の毛針+発火)
バオー・ブレイク・ダーク・サンダー・フェノメノン(「鬼太郎」?、人体帯電)
~~

懐かしくてまだ単行本(全2巻)がどっかに眠っているのに文庫版を購入してしまった・・・・・・。

表.[10/10/13(水)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A おとめ妖怪ざくろ 第2話 柿の木は黄泉に近い!?;[ざくろ]惚れっぽい。
A 侵略!イカ娘 第2話 vs.ライフセイバー;[イマ娘]執心の強キャラ登場!?。
C 君に届け 第7巻 【ピックアップ】参照。
第8巻
第9巻

■『君に届け』[第7~9巻]
 「椎名軽穂(しいな・かるほ)」著、【青春・純情・ラブストーリー】です。
映画公開記念というよりは【アニメ】が終わってから、ずっと続きが気になっていなので、思い切って購入です。
第7巻は【アニメ最終回】の初詣、そしてバレンタインデーイベント・・・・・・残念ながら、バレンタインで勇気を出せなかった「爽子」と「風早」のピンチ序章です。
第8巻は2年に進級、「風早」のライバル登場!?、「爽子」にとっては「師匠」!?、キャラ男(!?)「三浦健人」登場で更にやっかいな事に。
第9巻はついに三角!?、告白!?、文化祭!?、そしてついに「爽子」が自身の足で駆け出す!!。

それにしても新キャラ、情報屋「高橋千草」が"いい感じ"です。

表.[10/10/14(木)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
C 君に届け 第10巻 【ピックアップ】参照。
第11巻
第12巻

■『君に届け』[第10~12巻]
 止まらない作品──【アニメ】終了後、直ぐに手に取らず、この冊数まで待ったかいがありました。
第10巻はついに「届き」、二人は新たな関係へ。信じられない程のラブラブっぷり(=ストロベリータイム)!?。(「ジョー」の邪魔が良いアクセント)
第11巻は「胡桃」とのけじめ、過去の出会い回想、新たなカップル誕生の予感!?、初デートとイベント盛り沢山の内容です。
第12巻は「爽子」父の受難!?、両親に「風早」紹介の大大イベント勃発です。加えて、「ちづ」と「やのちん」の初遭遇、友情(!?)物語の外伝あり。
 久しぶりに"ガッツリ"かぶりつきで【コミック】読んだなぁ。

表.[10/10/15(金)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
- 第2回オモバカ王者決定トーナメント 10/10/13 【ピックアップ】参照。

■『第2回オモバカ王者決定トーナメント』[バラエティ番組]
 深夜の放送が勿体ない、八角形のリングで芸人が二人、交互に時間制限内に相手を笑わせにかかる、KOバトル開幕です。
名勝負連発、特に「ダイノジ・大地」さんの活躍が凄かった。
ネタ切れかと思われた厳しい状況にてセコンドの相方からの適切なギャク指令。
初めての「若乃花」のモノマネ、好きな食べ物を相手を詰るように・・・・・・(「アクエリアース」には吹いた。)
決勝は家族もネタにする捨て身の「劇団ひとり」さん、セコンドは「ダチョウ倶楽部」。
 勝敗の決め手は「観察力」・・・・・・まさかのリハにおけるADさんのネタ、「とんがりコーン」にて決着!!。
久しぶりに笑いました。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『蟲と眼球とテディベア』読破 | トップページ | 【映画】『タイタンの戦い』を見た »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ・ゲーム】10月9日(土)~10月15日(金)雑記:

« 【書籍】『蟲と眼球とテディベア』読破 | トップページ | 【映画】『タイタンの戦い』を見た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ