« 【書籍】『探偵家族/冬の事件簿』読破 | トップページ | 【書籍】『続巷説百物語』読破 »

2010年10月 8日 (金)

【書籍】『殺人にうってつけの日』読破

 「ブライアン・フリーマントル」著、刑務所での服役を終えた元CIA職員の復讐譚──【サスペンス小説】です。

~"あらすじ"では元情報員同士の頭脳戦を期待させる書きっぷりなのですが、中身は全然・・・・・・~

"あらすじ"で記載している内容と著者が「言わん」としている事がズレているんだろうなぁ。

~~~
二重スパイを働き、服役中の元CIA職員。
元CIA職員が捕まるキッカケを作った元KGB。
元KGBは元CIA職員の妻と結婚し、子供と一緒に幸せに。
一方、元CIA職員は復讐の念を抱き続けて、ついに温めていた復讐劇を開幕する事に。
~~~

二人の対決が今、始まる──と思いきや、えっ。
動き、スピード共に鈍い、鈍すぎる・・・・・・登場人物達、およびストーリー展開。

先へ先へと促すハラハラドキドキ感はあるのですが、最後まで読み終わるとその点が「空回り」だったとの印象を拭えない。

はあ、『探偵家族/冬の事件簿』と本作と今まで読んでない、またはあまり読んでいない著者の作品へと手を伸ばしたのですが・・・・・・残念です。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『探偵家族/冬の事件簿』読破 | トップページ | 【書籍】『続巷説百物語』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『殺人にうってつけの日』読破:

« 【書籍】『探偵家族/冬の事件簿』読破 | トップページ | 【書籍】『続巷説百物語』読破 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

リンク