« 【書籍】『GOSICK sⅢ─ゴシックエス・秋の花の思い出─』読破 | トップページ | 【書籍】『この町の誰かが』読破 »

2010年9月25日 (土)

【書籍】『ABC殺人事件』再読

 「アガサ・クリスティー」著、鬚がご自慢の名探偵「ポアロ」と真っ正直がとりえの「ヘイスティングズ大尉」─久しぶりにコンビで贈る【推理小説】です。
本作では"ミッシング・リンク"の謎に迫ります。

"ミッシング・リンク"──被害者達の隠された繋がり。
これも"暗号"と並び、難しい題材です。
うまく隠すのは大変だし、隠し過ぎると"リンク"が相当インパクトのあるモノでないと突然「じゃーん」と出されても興醒め。

さて、本作はと言うと・・・・・・

~やはり著者、色々と研究しているのだろう──前述の"弱点"を克服する試みに脱帽です。~

明かされてみると奇抜な"捻り"ではないのですが、何事も"出来てしまえば"の話。
早い段階にてこういう作品を作り出すのは凄いなぁと感心します。

~~~
 事件の始まりは一通の手紙・・・・・・名探偵「ポアロ」への挑戦状、署名は「ABC」。
事件を起す場所を予告して、死体の側には「ABC鉄道案内」の"署名"。
アルファベットに従った地名、人名を狙う"狂気"の殺人鬼の活動に「ポアロ」も警察も苦戦です。
 事件の被害者の親族達と一緒に犯人を追う「ポアロ」、果たしてその"灰色の脳細胞"が煌くのは──。
~~~

 初めて本作を読んだ時、著者にしては異色の視点混じりで驚きました。
そして、それが"活きる"内容にも──。

本当に早く出遭えた【推理小説】が著者の作品で良かったです。
別の記事にも書きましたが、著者の作品に出遭ってなかったら、こんなに【推理小説】を読み続けていられたかなぁ。

さて、最後の著者の作品一覧(過去記事)へのリンクを──

『アガサ・クリスティー百科事典』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『GOSICK sⅢ─ゴシックエス・秋の花の思い出─』読破 | トップページ | 【書籍】『この町の誰かが』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『ABC殺人事件』再読:

« 【書籍】『GOSICK sⅢ─ゴシックエス・秋の花の思い出─』読破 | トップページ | 【書籍】『この町の誰かが』読破 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ