« 【書籍】『アルスラーン戦記13 蛇王再臨』読破 | トップページ | 【書籍】『万能鑑定士Qの事件簿Ⅲ』読破 »

2010年9月16日 (木)

【書籍】『万能鑑定士Qの事件簿Ⅰ/Ⅱ』読破

 「松岡圭祐(まつおか・けいすけ)」著、博学多識──性格は純真無垢(!?)、「万能鑑定士Q」を営む「凛田莉子(りんだ・りこ)」が解決する事件を描く"長編"【推理小説】です。
てっきりタイトルから、"短編集"かなと思っていたのですが・・・・・・しかも「続く」で、初回は2冊でやっと終了です。

~随分、スケールの大きな事件を扱っていて吃驚~

初っ端の事件は街に貼られた謎のシール・・・・・・その絵柄より名付けられた通称「力士シール」事件の発端から、最終的には真贋判別不能な偽札事件へ。
偽札流通により"ハイパーインフレ"が発生、日本国民が大パニックとの展開です。
本作では「ワトソン」役(それとも"驚き"役)である「週刊角川」記者「小笠原悠斗(おがさわら・ゆうと)」と「莉子」の出遭い、加えて「万能鑑定士Q」の誕生が描かれています。
上記の"誕生"を描いている為、2冊ものボリュームとなっています。

偽札事件の謎自体は、残念ながら当初、浮かんだトリックが当たっていたので驚き"減"。(途中、ミスリードされましたが・・・・・・。)
でも、その部分は意外な犯人で"とんとん"かな。

1冊の薄さも手伝い、『千里眼』シリーズよりも更に"パッパッ"とスピーディに読みやすい作品です。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『アルスラーン戦記13 蛇王再臨』読破 | トップページ | 【書籍】『万能鑑定士Qの事件簿Ⅲ』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『万能鑑定士Qの事件簿Ⅰ/Ⅱ』読破:

« 【書籍】『アルスラーン戦記13 蛇王再臨』読破 | トップページ | 【書籍】『万能鑑定士Qの事件簿Ⅲ』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク