« 【アニメ・ゲーム】8月8日(日)~8月14日(土)雑記 | トップページ | 【書籍】『ドリームチーム弁護団』読破 »

2010年8月21日 (土)

【書籍】『マローン殺し マローン弁護士の事件簿Ⅰ』読破

 「クレイグ・ライス」著、ポケットは常時、小銭のみ!?、酔いどれ!?──しかし、裁判に負けた事がないと豪語する弁護士「マローン」が活躍する事件簿、【推理小説】(短編集)です。

著者の作品では『時計は三時に止まる』を読んでいるはずなのですが・・・・・・全く憶えていない。
上記より、そんなに期待せず、古き探偵達の情報を埋めるために手に取りました。

~"米"お得意のハードボイルド風味の中に、時々、ピリッとする推理あり。~

法廷場面が全然なく、「弁護士」という肩書きの割りには"舞台"に拍子抜け・・・・・・まあ、短編集であることから、仕方がないか。

主人公の他、目立たないながらも"しっかり"印象を残す脇役にも注目です。
影の事務所長!?、秘書の「マギー」、行き着けのバーの店員「天使のジョー」、文句言いながらも協力してくれる「フラナガン警部」。

久しぶりに"このテイスト"の作品を読みました・・・・・・うーん、少し好き嫌いが変わったかな、ちょっと合わなくなっていたのが残念。

○「マローン殺し」
 「マローン」が殺された!?。
人間違いで危機を逃れた「マローン」!?、犯人に罠を仕掛ける。

○「邪悪の涙」
 結婚十五周年を祝うパーティーにて主役の一人である友人の妻が殺害された!!。
犯人はパーティー出席者の中に──。
 タイトルが染みわたる作品です。

○「胸が張り裂ける」
 依頼人が独房の中で自殺!?。
そのような兆候が全く見られなかった事から、「マローン」、依頼料取り漏れの悔しさも手伝い、捜査に乗り出す。
果たして、"歌"に秘められた事件の真相とは──。

○「永遠にさよなら」
 災厄を招く不吉な四小節!?。
こっそりその四小節を盛り込んだ曲の収録時、クラリネット奏者が突然、倒れる!!。
呪いではない、閉ざされた中での毒殺──果たして、犯人は。

○「そして鳥は歌いつづける」
 依頼人のアパートへ赴いた「マローン」。
そこには、窓際の大きな椅子に腰掛け、射殺された依頼人が!!。
その後、「マローン」は鳥を追い払う為、銃を誤射してしまったという女性の告白を聞く・・・・・・。

○「彼は家へ帰れない」
 「マローン」に助けを求める電話が──泥酔して帰宅し、目覚めたら自宅に死体が!!。
依頼人を助ける為、警察が来る前に色々策を巡らした「マローン」でしたが・・・・・・。

○「恐ろしき哉、人生」
 「天使のジョー」の頼みとあらば、断れない!?。
「ジョー」の甥達が見つけた死体・・・・・・しかし、「マローン」が別の依頼人とその場所に赴くと死体がない!!。
縺れた事件の真相とは──。

○「さよなら、グッドバイ!」
 飛び降り自殺!?・・・・・・女性を助けた「マローン」。
過去にも自殺未遂の経歴がある女性──しかし、女性自身は誰かに殺されそうになったのだと言い張る!!。

○「不運なブラッドリー」
 「不運なブラッドリー」に世話をされるとその後、"消える"!!。
弟を探す女性と共に「不運なブラッドリー」に出会う事になった「マローン」。
果たして、事件の裏には何が・・・・・・。

○「恐怖の果て」
 二つの殺人で追われる女性・・・・・・辿り着いた先は「マローン」の事務所。
事件管轄の警察へ飛行機にて飛んだ「マローン」、スピーディに事件を解決!!。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】8月8日(日)~8月14日(土)雑記 | トップページ | 【書籍】『ドリームチーム弁護団』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『マローン殺し マローン弁護士の事件簿Ⅰ』読破:

« 【アニメ・ゲーム】8月8日(日)~8月14日(土)雑記 | トップページ | 【書籍】『ドリームチーム弁護団』読破 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ