« 【書籍】『パディントン発4時50分』再読 | トップページ | 【書籍】『クラッシュ・ブレイズ ファロットの休日』読破 »

2010年8月13日 (金)

【書籍】『おまけのこ』読破

 「畠中恵(はたけなか・めぐみ)」著、廻船&薬種問屋「長崎屋」の息子「一太郎」・・・大妖の血を引く病弱な"若だんな"とそれを取り巻く妖達、そして遭遇する事件を描いた【妖・人情・推理小説】、シリーズ第四弾の短編集です。

~推理部分は幾分弱まり、妖・人情話がメインとなってきたかな。~

推理好きな私には少し寂しいところですが・・・・・・。

○「こわい」
 人からも妖達からも嫌われる妖「狐者異(こわい)」。
その悲しい性に"チクッ"と胸痛む話となっています。

○「畳紙」
 厚化粧をしないと人前に出れない「お雛」。
その秘められた謎と苦悩になんと妖「屏風のぞき」が人肌・・・・・・妖肌を脱ぐ!?。

○「動く影」
 "若だんな"の幼い頃の話。
隣の「栄吉」と友情を深める話、または「栄吉」の妹との親交を深める話かなと期待したのですが・・・・・・。

○「ありんすこく」
 なんと"若だんな"が吉原からの足抜けの手伝い!?。
人の闇、矛盾を"ザクッ"と突く話となっています。

○「おまけのこ」
 妖「鳴家(やなり)」大冒険です。
長崎屋で盗難事件発生!!~「月の玉」が盗まれると犯人に噛み付いた小鬼「鳴家」、外に放り出されて大冒険です。
果たして事件の犯人は、「鳴家」は無事、長崎屋に帰る事ができるのか──。

最後に前作の感想(過去記事)へのリンクを──

『ねこのばば』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『パディントン発4時50分』再読 | トップページ | 【書籍】『クラッシュ・ブレイズ ファロットの休日』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『おまけのこ』読破:

« 【書籍】『パディントン発4時50分』再読 | トップページ | 【書籍】『クラッシュ・ブレイズ ファロットの休日』読破 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ