« 【書籍】『アンティーク鑑定士は見やぶる』読破 | トップページ | 【書籍】『天使はモップを持って』読破 »

2010年8月27日 (金)

【書籍】『アルスラーン戦記7 王都奪還/8 仮面兵団』再読

 「田中芳樹(たなか・よしき)」著、「パルス国」王太子「アルスラーン」──初陣にて自軍が大敗し、王都を奪われてから息をつく間もない日々、やっと一段落の【ヒロイック・ファンタジー】です。

「パルス国」の王都「エクバターナ」を巡って、敵国「ルシタニア」に加えて、「パルス国」同士、三つの思惑が絡まります。
そして、最後に一気に縺れが解消です・・・・・・この納得、いや、出来すぎの決着──著者、流石です。

王都奪還、やっと「パルス国」にも平和が・・・・・・と思ったら、さきの戦いを静観していた「ミスル国」、「チュルク国」が動きだします。
まだまだ、国王「アルスラーン」一行は安心できない展開が盛り沢山です。
自称「絶世の美女」、神官「ファランギース」は「蛇王」に仕える魔導師に見知った顔を見つけるなど、「ファランギース」の過去も気になる所。

また、本作では外伝として『東方巡歴』が収録されています。
今まで本編内でたびたび登場していた黒衣の騎士「ダリューン」の「絹の国(セリカ)」訪問時の話が、序章部分ですが登場です!!。
「ダリューン」とある女騎士との出遭い──うーん、外伝部分も続きが読みたいなぁ。

現在の発行刊に追いつく前にどんどん新作を出して欲しい・・・・・・もうすぐ追いついてしまう。

『アルスラーン戦記1 王都炎上/2 王子二人』
『アルスラーン戦記3 落日悲歌/4 汗血公路』
『アルスラーン戦記5 征馬孤影/6 風塵乱舞』

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『アンティーク鑑定士は見やぶる』読破 | トップページ | 【書籍】『天使はモップを持って』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『アルスラーン戦記7 王都奪還/8 仮面兵団』再読:

« 【書籍】『アンティーク鑑定士は見やぶる』読破 | トップページ | 【書籍】『天使はモップを持って』読破 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ